デルファン・アンジョルラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デルファン・アンジョルラス(Delphin Enjolras、1857年5月13日 - 1945年12月23日フランスの画家である。「アカデミック美術」の画家の一人とされる。室内で、ランプの光に照らされる着衣の女性というテーマで描くのを得意とした。

略歴[編集]

アルデシュ県のククロン(Coucouron)で生まれた。母親を早く亡くした後、家族はランゴーニュに移り、ル・ピュイ=アン=ヴレの寄宿学校で学んだ。画家を目指し、パリにでて、工芸学校で水彩画家のガストン・ジェラールに学び[1]エコール・デ・ボザールで歴史画家のジャン=レオン・ジェロームギュスターヴ=クロード=エティエンヌ・クルトワパスカル・ダニャン=ブーベレといった画家に学んだ[2]

1889年にエコール・デ・ボザールを卒業し、高校の美術教師になることを勧められたたが、画家となることを選んだ。パリで苦しい生活をした後、ル・ピュイ=アン=ヴレに戻り、街の周辺の風景画を描いた。風景画を描いていたが、1890年代の終わりから女性の人物画をもっぱら描くようになった[3]

1890年からサロン・ド・パリに出展を行い、1901年にフランス芸術家協会の会員になった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 18/19th C. Paintings at www.alhambraantiques.com
  2. ^ Delphin Enjolras Biography at burlington.co.uk
  3. ^ ART / 4 / 2DAY: 13 May artist biographies at www.safran-arts.com

外部リンク[編集]