デルピュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デルピュネー古希: Δελφύνη, Delphynē)は、ギリシア神話に登場する怪物である[1]長母音を省略してデルピュネとも表記される[1]。上半身は人間の女性で、下半身はまたはドラゴンの姿をしている[2]

神話[編集]

ゼウステューポーンが戦いテューポーンが勝利した時、テューポーンはゼウスの手足の腱を切りコーリュキオン英語版と呼ばれる洞窟に隠したが、この洞窟の番人をしていたのがデルピュネーである[2][3]。また、コーリュキオンの洞窟にはゼウスを閉じこめて[2]腱は熊の毛皮に隠し、それをデルピュネーに番をさせたというヴァリアントもある[要出典]。一説によれば、テューポーンとは血の繋がりがあるといわれている[要出典]

デルピュネーが、ヘルメースパーンに騙されてゼウスの腱を奪われた[2][4]結果、テューポーンは回復したゼウスと再度戦い敗北することとなった[4]

神託所との関わり[編集]

デルポイの神託所を守護していた怪物ピュートーンアポローンに倒される話があるが、ピュートーンとはデルピュネーを指しているのではないかとも考えられている[5]。その説によれば、デルポイという地名は彼女の名から取られたのだという[6]。また、神託所では大地母神をデルピュネーと呼んで女神として崇め、ピュートーンと共に祀っていた[5]とも、ピュートーンの前に神託所の番人をしていたのがデルピュネーだ[2]とも言われている。

他の説では、神託所で神託の儀式を執り行っていた巫女たちの一人がデルピュネーであり、アポローンは神託所を手中に置くためにデルピュネーを殺害した[5]とも、神託所を支配していたデルピュネーが予言と引き替えに生け贄を必要としていたため、アポローンに退治された[要出典]とも言われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]