デルトイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
円の回転によってデルトイドが描かれる様子

幾何学において三芒形(さんぼうけい、: delt­oid; デルトイド)または三尖形(さんせんけい、: tri­cusp­oid; トリカスポイド)あるいはスタイナーの曲線 (Steiner curve) は、三尖点内擺線(三つの尖点(カスプ)を持つ内サイクロイド)として得られる閉曲線を言う。原義は : deltaΔ)あるいは tri-(三つの)+cusp(尖点)に接尾辞の -oid(―擬き)がついたものである。

関連項目[編集]

  • 星芒形(アステロイド): 四尖点の内擺線