デラシネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デラシネ(déraciné)は、フランス語で根なし草、転じて故郷や祖国から離れたもしくは切り離された人を意味する。

音楽[編集]

区別のためアルバムは『』、楽曲は「」で囲う。

  • 『déraciné』 ⇒ déraciné (GRAPEVINEのアルバム) - ロックバンド・GRAPEVINEのアルバム。
  • 「DERACINE」 ⇒ ヴィジュアル系ロックバンド・the GazettEによる楽曲。アルバム『DOGMA』収録。
  • デラシネ deracine』 ⇒ 歌手のクミコと作詞家の松本隆によるプロジェクト・クミコ with 風街レビューによるアルバム。
  • 「デラシネ」 ⇒ 声優・歌手の斉藤壮馬による楽曲。アルバム『quantum stranger』収録。
  • デラシネ ⇒ 日本のハードコアバンド
    • 『デラシネ(S/T)』⇒同バンドによるアルバム。
  • 「デラシネ」⇒ 作曲家・イラストレーターのピノキオピーによる楽曲。アルバム『HUMAN』収録。
  • 「デラシネ」⇒ 歌手の堀内孝雄による楽曲。
  • 「デラシネ」⇒ 日本のバンド・ECHOESによる楽曲。アルバム『Dear Friend』収録。
  • 「デラシネ」⇒ 日本のロックバンド・D'ERLANGERによる楽曲。アルバム『D'ERLANGER』収録。
  • 「déraciné」⇒ 日本のロックバンド・UNCHAINによる楽曲。アルバム『Animal Effect』収録。
  • 「デラシネ」⇒ ロックミュージシャンのカルメン・マキによる楽曲。
  • 「デラシネ / KEI feat.小春六花」- ボーカリストのハヤシケイ/KEIによる楽曲[1]
  • Delasine ⇒ 日本のビジュアル系バンド[2]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 橋川良寛「buzzG×柴那典が語り合う『歌詞表現が美しいボーカロイド楽曲』」『Real Sound』《『The VOCALOID Collection~2021 Spring~』特集(Vol.1)》blueprint、2021年4月9日。2021年4月21日のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月21日閲覧。
  2. ^ KISAKI、90年代V系の音源を集めたオムニバス盤『鹿鳴館伝説』プロデュース」『BARKS』JAPAN MUSIC NETWORK、2020年6月23日。2020年7月18日のオリジナルよりアーカイブ。

関連項目[編集]