デュポン家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デュポン家
Du Pont
Coat of Arms of Samuel Francis Du Pont.svg
標語: "Rectitudine sto"
(真っ直ぐに立つ)
名の由来 Du Pontは 橋の~ を意味する
過去の綴り Du Pont de Nemours
民族 フランス系アメリカ人
出身地 フランス
現居住地 デラウェア州
ペンシルベニア州
家祖 ピエール=サミュエル・デュ・ポン・ド・ヌムール
著名な人物 エルテール・イレネー・デュポン
サミュエル・デュポン
ピート・デュポン
ジョン・デュポン
親族 アスター家
ロックフェラー家
ルーズベルト家
ヴァンダービルト家
伝統 カトリック教会
カルヴァン派ユグノーを参照)
米国聖公会

デュポン家Du Pont family)は、フランス革命アメリカに亡命したフランス思想家ピエール=サミュエル・デュ・ポン・ド・ヌムールを家祖に持つアメリカの名門一族。19世紀以来、アメリカで最も豊かな家族(en:List_of_wealthiest_families)の一つに数えられている[1]

一族の富はピエール=サミュエル・デュ・ポン・ド・ヌムールの三男エルテール・イレネー・デュポンによって創業された化学メーカーのデュポンに由来している。化学者だったエルテール・イレネーはトーマス・ジェファーソン大統領の後ろ盾を得て1802年に設立した火薬製造工場で巨万の富を築き、その後もデュポン社として第一次大戦で巨額の利益を得、レイヨン、ナイロン、プラスティックなどの新しい化学製品を次々と開発して化学工業全般に拡大し、第二次大戦では原爆製造に当たり,戦後原子力産業に進出、モルガン家、ロックフェラー家と並ぶ、アメリカ最大の富豪となった[2][3]。軍需品によって富を築いたことから「死の商人」の代表格としても知られる[4]。一族の資産は2016年時点で143億ドルを超えており、3500人以上に上る家族によって共有されている[1]

注釈[編集]

  1. ^ a b Du Pont family Forbes
  2. ^ ユキコ・アーウィン『フランクリンの果実』文藝春秋, 1988, p173
  3. ^ デュポン財閥コトバンク
  4. ^ 死の商人コトバンク

関連項目[編集]