デヤン・ズラチカニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デヤン・ズラチカニン
基本情報
通称 Dynamite(ダイナマイト)
階級 ライト級
身長 163cm
国籍 モンテネグロの旗 モンテネグロ
誕生日 (1984-04-24) 1984年4月24日(34歳)
出身地 ポドゴリツァ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 22
KO勝ち 15
敗け 1
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

デヤン・ズラチカニンDejan Zlatičanin、男性、1984年4月24日 - )はモンテネグロプロボクサーポドゴリツァ出身。元WBC世界ライト級王者。モンテネグロのプロボクサー初の世界王者。 相手の攻撃を腕で防ぐブロッキングと小柄ながらも技巧を兼ね備えたフックとアッパーを多用する強打の選手。ディベイラ・エンターテイメント所属。 より原音に近いカナ表記はデヤン・ズラティチャニンとなる。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2003年7月、タイバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にライト級(60kg)で出場するが1回戦で敗退 [1]

2004年2月、ヨーロッパ選手権にライト級(60kg)で出場するが1回戦で敗退[2]

2006年7月、ヨーロッパ選手権にフェザー級(57kg)で出場するが準々決勝で敗退[3]

プロ時代[編集]

2008年5月3日、ズラチカニンはプロデビューを果たし3回負傷判定勝ちを収め白星でデビューを飾った。

2011年2月25日、フェリックス・ローラとWBC地中海ライト級王座決定戦で対戦し12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年4月29日、地元ポドゴリツァのハラ・モラカでホアン・サン・ヌグイェンと対戦し5回2分6秒KO勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年11月26日、ポドゴリツァのハラ・スポートヴァでゴドフレイ・ンジマンデとWBCインターナショナルライト級王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年4月13日、ピーター・ペトロフと対戦し、12回3-0(118-110、117-113、116-114)の判定勝ちを収めWBCインターナショナル王座の2度目の防衛に成功した。

2014年6月27日、グラスゴーのブラーヘッド・アリーナで元世界2階級制覇王者リッキー・バーンズとWBCインターナショナルライト級王座決定戦を行い、12回2-1(2者が115-113、113-115)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年6月13日、アラバマ州バーミングハムバートウ・アリーナデオンテイ・ワイルダーVSエリック・モリーナの前座でイヴァン・レドカッチと対戦し、4回1分24秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年11月、WBCの年次総会でWBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレスと指名試合を行うよう指令が出される[4]

2016年2月、4月頃の対戦を目標にリナレス側と交渉を進めていたが、トレーニング中にリナレスが右拳を骨折したため中止になった[5]

2016年6月11日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート&カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターでルスラン・プロボドニコフVSジョン・モリーナ・ジュニアの前座でホルヘ・リナレスの休養王座認定に伴うWBC世界ライト級王座決定戦でWBC世界ライト級2位でWBC世界ライト級シルバー王者のエミリアノ・マルシーリと対戦する予定だったが病気療養で出場できなくなったため代わりにWBC世界ライト級5位で元南米ライト級王者のフランクリン・ママーニ(ボリビア)と対戦[6]。どちらが勝っても母国初の世界王者になる試合だった。試合は初回からママーニをダウン寸前にして最後はダウンしかけた所をレフェリーがストップ。3回54秒TKO勝ちを収めママーニのボリビア初の世界王座戴冠を阻止するとともに、モンテネグロのボクサー初の王座獲得に成功した[7][8]

2016年6月15日、WBCは最新ランキングを発表。上述のママーニ戦を制し王座獲得に成功したズラチカニンをWBC世界ライト級王者としてランクインした[9]

2016年7月12日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のママーニ戦の勝利を評価し、ズラチカニンを2016年7月度の月間優秀選手賞に選出した[10]

2017年1月28日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでカール・フランプトンvsレオ・サンタ・クルス第2戦の前座で、元世界2階級制覇王者でWBC世界ライト級2位のミゲル・アンヘル・ガルシアと対戦し、プロ初黒星となる3回2分21秒KO負けを喫しWBC世界ライト級王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[11][12][13]。この試合でズラチカニンは32万ドル(約3600万円)、ガルシアは37万5千ドル(約4300万円)のファイトマネーを稼いだ[14]

2017年2月6日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のガルシア戦に敗れ王座から陥落したズラチカニンをWBC世界ライト級6位にランクインした[15]

獲得タイトル[編集]

  • WBC地中海ライト級王座
  • WBCインターナショナルライト級王座
  • WBC世界ライト級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ 35.European ChampionshipsPula, CroatiaFebruary 19-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ 36.European Championships - Plovdiv, Bulgaria - July 14-23 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年6月28日閲覧。
  4. ^ WBC outlines status of each world title at convention”. ESPN.com (2015年11月5日). 2015年11月19日閲覧。
  5. ^ Jorge Linares has broken hand; fight vs. Dejan Zlaticanin called off”. ESPN.com (2016年2月11日). 2016年2月12日閲覧。
  6. ^ ズラティカニンとママーニが決定戦、WBCライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月3日
  7. ^ Zlaticanin wins WBC lightweight title fightnews.com 2016年6月11日
  8. ^ モリナが殊勲の勝利、ズラティカニンWBC・L級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月12日
  9. ^ WBCランキング更新、スティーブンソンV7戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月15日
  10. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年7月12日
  11. ^ Garcia demolishes Zlaticanin to win WBC lightweight world title Fightnews.com 2017年1月28日
  12. ^ Mikey Garcia Brutally Knocks Out Dejan Zlaticanin in Three Boxing Scene.com 2017年1月28日
  13. ^ マイキー3階級制覇、ズラティカニンを3回KO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月29日
  14. ^ Purses: Santa Cruz $1M, Frampton $500K”. Boxing News 24 (2016年7月29日). 2017年3月9日閲覧。
  15. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年2月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
休養王者
ホルヘ・リナレス
WBC世界ライト級王者

2016年6月11日 - 2017年1月28日

次王者
ミゲル・アンヘル・ガルシア