デミヤノフ転位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デミヤノフ転位 (Demjanov rearrangement) とは、有機化学における人名反応のひとつで、アミノ基を持つシクロブタン亜硝酸を作用させると、環が拡大、または縮小したアルコールが生成物として現れる反応。1903年に、ニコライ・Y・デミヤノフが最初の報告を行なった[1][2][3]ワーグナー・メーヤワイン転位の一種。

環拡大[編集]

アミノメチルシクロブタンからは、シクロブチルメタノールと、環が拡大したシクロペンタノールが生成する。アミノ基亜硝酸によりジアゾニウムとなり、窒素が脱離して生じるカルベニウムイオン(カルボカチオン)に直接水が反応するとシクロブチルメタノールとなる。カルベニウムイオンからメチレン基の 1,2-転位が起こった後に水と反応するとシクロペンタノールとなる。

デミヤノフ反応・環拡大

環縮小[編集]

アミノシクロブタンからは、シクロブタノールと、環が縮小したシクロプロピルメタノールが生成する。亜硝酸の作用で発生するカルベニウムイオンからメチレン基の 1,2-転位が起こった後に水と反応するとシクロプロピルメタノールとなる。

cyclo-C4H7−NH2 + HNO2 → [cyclo-C4H7+] → cyclo-C4H7−OH + cyclo-C3H5−CH2OH

参考文献[編集]

  1. ^ Demjanov, N. J.; Lushnikov, M. J. Russ. Phys. Chem. Soc. 1903, 35, 26.
  2. ^ Demjanov, N. J.; Lushnikov, M. Chem. Zentr. 1903, 1, 828.
  3. ^ 総説:Smith, P. A. S.; Baer, D. R. Org. React. 1960, 11, 157.