デビッド・カーペンター (1985年生まれの投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・カーペンター
David Carpenter
ニューヨーク・ヤンキース
David Carpenter on August 10, 2012.jpg
ブルージェイズ時代(2012年8月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウェストバージニア州モーガンタウン
生年月日 1985年7月15日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト12巡目(全体376位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2011年6月30日 テキサス・レンジャーズ
年俸 $485,000[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダレル・デービッド・カーペンターDarrell David Carpenter, 1985年7月15日 - )は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州モーガンタウン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

経歴[編集]

カージナルス傘下時代[編集]

2006年MLBドラフト12巡目(全体376位)でセントルイス・カージナルスから捕手として指名され、6月13日に契約。この年はA-級ステートカレッジ・スパイクスで37試合に出場し、9打点1盗塁、打率.189だった。

2007年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・カージナルスで2試合に出場し、7月にA-級バタビア・マックドッグスへ昇格。A-級では38試合に出場し、1本塁打8打点1盗塁、打率.221だった。

2008年はA級クアッドシティズ・リバーバンディッツで8試合に出場後、A+級パームビーチ・カージナルスへ昇格。A+級では12試合に出場し、1本塁打3打点、打率.175だった。7月からルーキー級ガルフ・コーストリーグでプレーし、投手へ転向。9試合に登板し、0勝0敗3セーブ、防御率1.04だった。8月からはルーキー級ジョンソンシティ・カージナルスでプレーし、6試合の登板で防御率3.00だった。

2009年はA級クアッドシティズで52試合に登板し、5勝3敗12セーブ、防御率4.28だった。

2010年はA+級パームビーチで49試合に登板し、5勝3敗20セーブ、防御率2.36だった。

アストロズ時代[編集]

アストロズ時代(2012年)

2010年8月19日にペドロ・フェリスとのトレードでヒューストン・アストロズへ移籍[2]。移籍後はA+級ランカスター・ジェットホークスで6試合に登板し、1勝1敗、防御率3.52だった。オフの11月19日にアストロズとメジャー契約を結び[3]、40人枠入りした。

2011年3月14日にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ異動し[4]、開幕をAAA級で迎えた。6月29日にメジャーへ昇格し[5]、6月30日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。7点リードの8回表から登板し、1回を無安打無失点1奪三振に抑えた[6]。この年は34試合に登板し、1勝3敗1セーブ、防御率2.93だった。

2012年2月23日にアストロズと1年契約に合意。開幕後はリリーフとして定着していたが、5月に入ると失点が目立ち、5月15日にAAA級オクラホマシティへ降格[7]。5月28日に不調のエネリオ・デル・ロサリオに代わってメジャーへ再昇格した[8]。昇格後は16試合に登板したが、防御率8.36と結果を残せず、7月9日にAAA級へ降格した[9]。アストロズでは30試合に登板し、0勝2敗、防御率6.07だった。

ブルージェイズ時代[編集]

2012年7月20日にジョゼフ・マスグローブカルロス・ペレスデビッド・ローリンスアッシャー・ウォジェハウスキー、、フランシスコ・コルデロベン・フランシスコ、後日発表選手[10]とのトレードで、J.A.ハップブランドン・ライオンと共にトロント・ブルージェイズへ移籍[11]。移籍後はAAA級ラスベガス・フィフティワンズでプレーしていたが、8月10日にブレット・ロウリーが故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格[12]。この年はブルージェイズが起用した32人目の投手(当時球団記録)となったが、8月11日にAAA級ラスベガスへ降格した。9月7日に再びメジャーへ昇格[13]。この年は3試合に登板し、防御率30.38だった。オフの10月21日にマイク・アビレスとのトレードでボストン・レッドソックスへ移籍[14]。アビレスは当時ブルージェイズ監督・ジョン・ファレルとのトレードという形だったが、実際に選手と監督をトレードすることができないため、代わりにカーペンターがトレード相手となった。11月20日にDFAとなり[15]、11月26日にレッドソックスとマイナー契約を結んだ。

ブレーブス時代[編集]

2012年11月30日にウェーバーでアトランタ・ブレーブスへ移籍した[16]

2013年3月26日にAAA級グウィネット・ブレーブスへ異動し、開幕をAAA級で迎えた。4月20日にブレイク・デウィットが故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格した[17]が、登板機会のないまま、4月22日に降格。4月30日にルイス・アヤラが故障者リスト入りしたため、再昇格した[18]。昇格後はリリーフに定着し、56試合に登板。4勝1敗、防御率1.78だった。

2014年2月25日にブレーブスと1年契約に合意した[19]。この年は65試合に登板し、6勝4敗3セーブ、防御率3.54だった。

ヤンキース時代[編集]

2015年年1月1日にマニー・バヌエロスとのトレードで、チェイスン・シュリーブと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 HOU 34 0 0 0 0 1 3 1 3 .250 125 27.2 28 3 13 7 4 29 2 1 9 9 2.93 1.48
2012 30 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 143 29.2 43 4 14 3 1 27 2 0 21 20 6.07 1.92
TOR 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 2.2 8 1 2 1 1 4 0 0 10 9 30.38 3.75
'12計 33 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 163 32.1 51 5 16 4 2 31 2 0 31 29 8.07 2.07
2013 ATL 56 0 0 0 0 4 1 0 12 .800 256 65.2 45 5 20 3 3 74 4 0 13 13 1.78 0.99
2014 65 0 0 0 0 6 4 0 19 .600 259 61.0 61 5 16 0 3 67 1 0 27 24 3.45 1.26
通算:4年 188 0 0 0 0 11 10 4 36 .524 803 186.2 185 18 65 14 12 201 9 1 80 75 3.62 1.33
  • 2014年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 67 (2011年 – 2012年)
  • 28 (2012年)
  • 39 (2012年)
  • 48 (2013年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ Atlanta Braves Salary/Payroll Information - 2012 - MLB Baseball” (英語). ESPN.com. 2013年11月30日閲覧。
  2. ^ Astros acquire RHP David Carpenter from STL in exchange for IF Pedro Feliz”. MLB.com Astros Press Release (2010年8月19日). 2015年1月2日閲覧。
  3. ^ Astros add four to 40-man roster”. MLB.com Astros Press Release (2010年11月19日). 2015年1月2日閲覧。
  4. ^ Astros Make First Spring Roster Cuts”. MLB.com Astros Press Release (2011年3月14日). 2015年1月2日閲覧。
  5. ^ Astros claim Durango off waivers”. MLB.com Astros Press Release (2011年6月29日). 2015年1月2日閲覧。
  6. ^ Scores for Jun 30, 2011”. ESPN MLB (2011年6月30日). 2015年1月2日閲覧。
  7. ^ Astros recall Lyles, who will start Tuesday”. MLB.com Astros Press Release (2012年5月15日). 2015年1月2日閲覧。
  8. ^ ALyles, Carpenter added; Del Rosario optioned”. MLB.com (2012年5月29日). 2015年1月2日閲覧。
  9. ^ Lopez activated from DL; Carpenter optioned”. MLB.com (2012年7月10日). 2015年1月2日閲覧。
  10. ^ 同年8月16日にケビン・カマーがアストロズへ移籍。
  11. ^ Blue Jays complete trade with Astros”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年7月20日). 2015年1月2日閲覧。
  12. ^ Blue Jays recall David Carpenter”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年8月10日). 2015年1月2日閲覧。
  13. ^ Blue Jays add five for tonight's game”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年9月7日). 2015年1月2日閲覧。
  14. ^ Red Sox name John Farrell Manager”. MLB.com Red Sox Press Release (2012年10月22日). 2015年1月2日閲覧。
  15. ^ Red Sox add six players to 40-man roster”. MLB.com Red Sox Press Release (2012年11月20日). 2015年1月2日閲覧。
  16. ^ Braves and Angels Announce Two-Player Trade”. MLB.com Braves Press Release (2012年11月30日). 2015年1月2日閲覧。
  17. ^ Mark Bowman (2013年4月20日). “Avilan shows enough progress to avoid disabled list”. MLB.com. 2015年1月2日閲覧。
  18. ^ Mark Bowman (2013年4月22日). “Ayala placed on DL with anxiety disorder”. MLB.com. 2015年1月2日閲覧。
  19. ^ Atlanta Braves agree to terms with 19 players”. MLB.com Braves Press Release (2014年2月25日). 2014年2月26日閲覧。
  20. ^ Yankees acquire RHP David Carpenter and LHP Chasen Shreve from Atlanta”. MLB.com Yankees Press Release (2015年1月1日). 2015年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]