デノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デノンDENON Consumer Marketing Co.,Ltd.)は、日本AV機器企業である株式会社ディーアンドエムホールディングス音響機器ブランドのひとつである。株式会社デノンは、かつて2001年4月1日から2005年3月31日まで同ブランドの音響機器を製造・販売していた企業である。

ブランド名および事業遷移[編集]

DENONおよびその片仮名読みデンオンは、「日本響株式會社」の通称「電音」に由来する。1963年日本コロムビアへ吸収合併[1]されて同社の音響機器事業ブランド名であったが、株式会社デノンへ事業譲渡された。デンオンの読みは事業譲渡後もコロムビアのクラシックレーベルとして使われている(後述)。

  • 2001年(平成13年)10月1日 - 日本コロムビアのAV(オーディオ&ビジュアル)機器製造部門が分離独立し、株式会社デノン設立。リップルウッド子会社のニューデノンが日本コロムビアからデノン株式を98%買収し、連結子会社化する。
  • 2002年(平成14年)5月14日 - 日本マランツ株式会社と株式移転によって株式会社ディーアンドエムホールディングスを設立し、同社の完全子会社になる。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 株式会社ディーアンドエムホールディングスと合併し、民生機の販売会社である株式会社デノンコンシューマーマーケティングを分割する。D&Mホールディングス傘下のブランドカンパニーにはマランツ・マッキントッシュ・ラボ・D&Mプロフェッショナル・SNELL・ボストンアコースティックなどがあるが、合併後も各々の設計部や販売網は独立して現在[いつ?]は管理部門のみを統合している。

日本電氣音響株式會社[編集]

1939年(昭和14年)に東京府北多摩郡三鷹村下連雀に設立された。事業領域は放送機器の製作。企業名の通称は「電音(でんおん)」であった。

日本コロムビア株式会社[編集]

1963年(昭和38年)、放送機器を製作していた日本電気音響が日本コロムビアに吸収合併されたことにより、日本コロムビアが放送機器を取り扱うことになった。当時の日本コロムビア音響設計部門には、旧電音の三鷹事業所と、1910年(明治43年)10月1日に発足した日本蓄音機商会として続いてきた川崎事業所が存在していた。三鷹事業所は業務用回転機器のダイレクトドライブターンテーブルオープンリールテープレコーダーを担当し、川崎事業所ではテレビ電蓄ステレオのほかに、ウクレレエレキギターマリンバなど楽器類、家庭用クーラー冷蔵庫などの白物家電、を1970年代初頭まで製造販売していた[2]

1970年代に日本でHi-Fi市場が隆盛し、三鷹事業所はデンオン製放送業務用機器のMCカートリッジDL-103や業務用回転機器技術を応用した民生用オーディオ機器を、プロフェッショナルオーディオブランドとして訴求した。この時代で最も有名なモデルはDP-3000ダイレクトドライブターンテーブルやDH-710オープンリールテープレコーダーなどである。川崎事業所はハイファイオーディオアンプやチューナー、スピーカーなどをデンオンブランドで発売した。

1970年代から1980年代にかけてポータブルレコードプレーヤーやカラオケ機器、モジュラーステレオなどのゼネラルオーディオ機器は、OEMで供給した日立製作所は HITACHI ブランドやLo-Dブランドで三菱電機DIATONE ブランドとしてそれぞれ販売した。カラーテレビや家庭用ビデオデッキは日立からOEM供給を受けてコロムビアのブランドで、90年代からは大型テレビのみDENONブランドで1995年頃まで販売した。

DENONで特長的製品は、1972年(昭和47年)に世界で初めて実用化したPCMレコーダーDN-023R」である。NHK1960年代後半にPCMレコーダーを試作をしており、NHK放送技術研究所で試作機を見た日本コロムビア録音部の幹部は自社開発を企図した。標本化周波数 47.25kHz、量子化ビット数 13bit で誤り検出訂正を実用化したPCMプロセッサーを開発し、芝電気株式会社製のヘリカルスキャン方式2インチVTRを改造したテープレコーダ部分に実装した。画面を見ながらカミソリでテープ切断する「手切り編集」が可能だった。

1980年代は、栃木県真岡市で子会社のコロムビアマグネプロダクツ株式会社がオーディオカセットテープを製造していたが、1990年代末に撤退し子会社は解散した。

DENONレーベル[編集]

日本コロムビアの音楽レーベルの名称にもDENONが用いられたこともあった。

1968年(昭和43年)から1973年(昭和48年)までは同社におけるこれまでのCBS(コロムビア)レーベル1962年(昭和37年)1月から1968年(昭和43年)6月まで使用)に代わるポップス系のレーベルとして存在した[3]

これまで、老舗のレコード会社では、歌手、作家ともに専属制を敷いていたが、昭和40年代(1960年代中頃)から続々と設立された外部の音楽出版社(パシフィック音楽出版など)がフリーの作家や歌手を育成し、出版社側が制作した原盤をレコード会社に売り込む動きが出て、この頃設立された外資系のレコード会社がそうした人材を積極的に起用したことに対応し、専属の作家から抵抗があった日本コロムビア社内においても、フリーの人材を起用するために設立された部署だったという[4]

同時に、演歌・歌謡曲などでも商標権の関係で『コロムビア』が使用できない海外への輸出盤でも代替レーベルとして使われるようになり、それらのジャケットやレーベルには『DENON』のシールが貼られていた。

1975年(昭和50年)以降はクラシックやジャズ等高音質を期待されるジャンルの音楽の為のレーベルとしてリニューアルし、旧DENONレーベルは『BLOW UP』レーベルにリニューアルした。レーベル移行後も、コンパクト・ディスク(CD)の発売初期に演歌・歌謡曲・邦楽ポップス系でもCDのみDENONレーベルで発売されたものがあった(例:美空ひばり『EVER GREEN ☆HIBARI』。LPはコロムビアレーベルで発売)[5]。また、前者の時代に引き続いて『コロムビア』レーベルで発売された楽曲の輸出盤での代替レーベルとしても使われた。

「DENON」ロゴマークには、戦前に用いられていたものと、1955年(昭和30年)に採用されたロゴマークもあったが、1963年以降は現在のロゴマークになっている。

株式会社デノン[編集]

リップルウッド・ホールディングス主導による日本コロムビアの経営再建に際して、2001年(平成13年)10月1日に音響機器事業を分離独立させた新設会社。日本コロムビアの100%子会社として設立し、同社のAV・メディア関連機器部門およびブランド名「デンオン」が譲渡された。新会社は設立時に、日本語ブランド名「デンオン」を譲渡はされたものの使用を止め、DENONの読みを日本国外での発声である「デノン」とし、これを社名および日本国内の新たな商標とした。この時点で永きに渡り親しまれた片仮名書きのオーディオ機器ブランド「デンオン」は消滅した。

分社化に当たっては、リップルウッドによる日本コロムビアの財務面での救済と、リップルウッド側のバイアウト・ファンドとしての利益確保という側面が色濃いことで知られている。まず、事業譲渡後直ちに日本コロムビアが100%保有するデノン株式を、リップルウッドが組成したペーパーカンパニーの「ニュー・デノン」が持株98%を59億円で、日立製作所が持株2%を1億円で買い取り、デノンはリップルウッドの実質的な連結子会社となった。この結果、同日中に日本コロムビアへ60億円の譲渡益がもたらされ、名実ともに日本コロムビアの子会社では無くなった

株式会社デノン コンシューマー マーケティング[編集]

株式会社デノン コンシューマー マーケティング
DENON Consumer Marketing Co.,Ltd.
Denon Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
210-8569
神奈川県川崎市川崎区日進町2-1 D&Mビル
設立 2005年(平成17年)4月1日
事業内容 オーディオ・ビデオ・メディア関連機器等の販売ならびに関連業務
代表者 本田 統久(代表取締役社長
資本金 1億円(2005年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社ディーアンドエムホールディングス
外部リンク http://denon.jp/
テンプレートを表示

2002年(平成14年)3月に株式会社デノンはフィリップスの連結対象外となった同業の日本マランツと、株式移転により新設持株会社ディーアンドエムホールディングスの傘下に入る形での経営統合を発表した。移転比率は【デノン=0.4416 対 日本マランツ=1】で、日本マランツが一見有利に見えるが、デノンの発行済み株式数が日本マランツより過多な点【デノン120,000,000株 対 日本マランツ22,709,280株】に注意を要する。株式移転の結果、デノンの大株主であるニューデノンを保有するリップルウッドがディーアンドエムの筆頭株主になる計算である事から、リップルウッドによるデノンと日本マランツ両社の実質的買収という結果になった。

事業領域[編集]

主にホームシアター向けの音響機器、ミニコンポ、Hi-Fiコンポーネント、電子楽器を製造販売している。日本ではピュアオーディオ分野において同胞のマランツ・コンシューマー・.マーケティングと共にティアックオンキヨーヤマハなどと競合している。かつてはパイオニア(→パイオニアホームエレクトロニクス→現・オンキヨー&パイオニア)、日本ビクター(現・JVCケンウッド)、ケンウッド(現・JVCケンウッド)、山水電気(サンスイ)なども競合していた。

アンプはホームシアター向けのAVアンプからピュアオーディオ向け2chプリメインアンプまで、低価格機から高級機まで幅広い機種を生産する。DVD-AudioSACD対応機を含むDVDプレーヤー、DVD-Audio/SACD対応機を含むBDプレーヤーも、低価格機から高級機まで生産する。コロムビアブランドで発売されていた、家庭用カラオケシステム、レコードプレーヤーを内蔵したレトロ調卓上型オールインワンステレオ、レトロ調卓上型FM/AMラジオの「音聴箱」(おとぎばこ)シリーズもごく一部を除きデノンブランドで2012年頃まで引き続き発売していた。

代表的な製品
  • AVサラウンドアンプ
  • ブルーレイディスク/DVDプレーヤー
  • プリメインアンプ
  • AM/FMチューナー
  • スーパーオーディオCDプレーヤー
  • CDプレーヤー
  • カートリッジ
  • スピーカーシステム
  • ホームシアターシステム
  • システムオーディオ
  • レコードプレーヤー
  • カラオケシステム(2011年10月現在の時点における最後のコロムビアブランドの製品となる。2017年5月現在既に販売終了)
  • 音聴箱(おとぎばこ。2017年5月現在既に販売終了)
  • オーディオアクセサリー
  • 輸入オーディオ

CMキャラクター[編集]

提供番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DENON Museum
  2. ^ 一部製品においては東芝(1969年以降は日立)からのOEM供給を受けた製品もあった。
  3. ^ この時代はレーベルとしての呼称を「デノン」として音響機器との差別化を図っていた(GARO ガロ/コンプリート・ディスコグラフィー:シングル(初版)の「盤レーベル」と「内袋」について
  4. ^ 昭和の名ディレクターに聞く歌謡ポップス裏話 深夜番組のリクエストからヒット「白い色は恋人の色」 - Amebaニュース、2015年7月31日。当時DENONレーベルに関わっていた日本コロムビアの元ディレクター、飯塚恆雄へのインタビュー。
  5. ^ DENON Museum 1975

関連項目[編集]

外部リンク[編集]