デニス・トライデント・2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロンドンで走行中のトライデント・2。
東ロンドンのトライデント・2。

トライデント・2(Trident 2)は、イギリスの2軸二階建てノンステップバスである。

2001年がらトランシバス社(Transbus)に、2004年よりアレクサンダー・デニス社に生産が変更された。

概要[編集]

総生産台数は3000台を上回り、全てイギリス本土にて使われている。寒冷地のイギリス本土向けの設計であるため、通常は冷房装置を持たない。

一方、香港などの亜熱帯地域向けに、冷房装置を持つ3車軸のデニス・トライデント・3がある。カナダなどの寒冷地にも冷房装置のあるデニス・トライデント・3が導入された実績がある。

本製品のイギリス本土各地での普及により、AEC・ルートマスターの引退を加速させた。

本製品の後継車種であるエンバイロ・400の生産が2005年より始まったが、本製品はそれ以降も2006年まで生産されていた。

テロ事件による被害[編集]

ロンドン同時爆破事件で爆破されたバス路線のひとつ、系統30、バスも同じタイプのトライデント・2。

2005年7月7日午前9時47分頃(現地時間)に発生したロンドン同時爆破事件で、大英博物館のあるラッセル広場近くのタビストック・スクエアで系統30を走行中のトライデント・2バス1台が爆発し、屋根を含めて2階部分が完全に吹き飛び、犠牲者も出た。[1][2]

そのバスはエンバイロ・400の車体を利用して修復され、ロンドンのスピリット(Spirit of London)という名前がロンドンの住民に呼ばれている[3][4][5]

ロンドン同時爆破事件で爆破された3台のバスの中でトライデント・2が2台を占め、全てはステージコーチ・ロンドン社(Stagecoach London)が所有していた。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/special/81/index5.html
  2. ^ http://hacienda.exblog.jp/3086666/
  3. ^ BBC News | England | London | London bomb tribute bus unveiled
  4. ^ 'Spirit of London' Bus Unveiled
  5. ^ BBC News - Suspected arson on 7/7 tribute bus 'Spirit of London'”. Bbc.co.uk (2012年10月20日). 2013年3月25日閲覧。

関連項目[編集]