デナグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デーナグ
دینگ
サーサーン朝摂政
在位 457年 - 459年

配偶者 ヤズデギルド2世
子女 ホルミズド3世
ペーローズ1世
バラーシュ
ザリル
家名 サーサーン家?
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

デーナグは、5世紀サーサーン朝の女王(Banbishn)で、ヤズデギルド2世(在位:438年 - 457年)の妻である。彼女の名前はサーサーン家の王女にも使用されていたため、出身は不明であるが、サーサーン家出身だった可能性もある[1]

生涯[編集]

夫のヤズデギルド2世が457年に亡くなった時に、子のホルミズド3世レイで王位に就いた。ホルミズド3世の弟のペーローズ1世は、ミフラーン家ラハームの支援を受けて、サーサーン帝国の北東部に逃亡し、王位を主張するために兵を起こした[2][3]。帝国はこうして王朝闘争に陥り、分裂した。 2人の兄弟の母親であるデナグは、首都クテシフォンから帝国の摂政としてサーサーン朝を一時的に支配した[2]

最終的にペーローズ1世が闘争に勝利し、サーサーン帝国の新しい王になりホルミズド3世と家族3人が殺された[4]

出典[編集]

  1. ^ Brosius.
  2. ^ a b Kia 2016, p. 248.
  3. ^ Pourshariati 2008, p. 71.
  4. ^ Shahbazi 2004, pp. 465–466.

参考文献[編集]

  • Brosius, Maria. "WOMEN i. In Pre-Islamic Persia". Encyclopaedia Iranica, Vol. London et al.
  • Daryaee, Touraj (2008). Sasanian Persia: The Rise and Fall of an Empire. I.B.Tauris. pp. 1-240. ISBN 0857716662. https://books.google.dk/books?id=LU0BAwAAQBAJ&dq=false 
  • Gignoux, Philippe (1994). "Dēnag". Encyclopaedia Iranica, Vol. VII, Fasc. 3. p. 282.
  • Pourshariati, Parvaneh (2008). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-645-3. https://books.google.com/books?id=I-xtAAAAMAAJ 
  • Shahbazi, A. Shapur (2004). "Hormozd III". Encyclopaedia Iranica, Vol. XII, Fasc. 5. pp. 465–466.
  • Kia, Mehrdad (2016). The Persian Empire: A Historical Encyclopedia [2 volumes: A Historical Encyclopedia]. ABC-CLIO. ISBN 978-1610693912. https://books.google.nl/books?id=B5BHDAAAQBAJ&dq=sasanians+rhodes&hl=nl&source=gbs_navlinks_s