デッカチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デッカチャン
DEKKACHAN
本名 重川 昌弘(しげかわ まさひろ)
生年月日 (1976-09-04) 1976年9月4日(46歳)
出身地 日本の旗 日本広島県東広島市生まれ
大阪府枚方市育ち
血液型 O型
身長 183cm
言語 日本語
方言 標準語関西弁
最終学歴 大阪府立長尾高等学校
出身 NSC大阪校15期 中退
コンビ名 シャイニング
芸風 太鼓漫談
事務所 フリー
活動時期 1997年 -
同期 ガリットチュウ
あべこうじ
井上マー
レイザーラモン
南野やじ
過去の代表番組 エンタの神様
おはスタ
配偶者 既婚
公式サイト 公式ブログ
テンプレートを表示

デッカチャン1976年9月4日 - )は、日本お笑い芸人。本名、重川 昌弘(しげかわ まさひろ)。

広島県東広島市生まれ、大阪府枚方市育ち。2020年3月末に吉本興業を退社し、以降はフリーで活動している[1]

人物[編集]

  • 血液型はO型。身長183cm、体重120kgの巨漢の男性。
  • 大阪NSC15期生でありながら、1997年デビューの南野やじが『エンタの神様』(日本テレビ)に出演の際、ネタ中に同期であると発言、ガリットチュウあべこうじら東京NSC2期生と自他共に同期扱いなど大阪NSCでいうと17期扱いされることが多い。これはNSCを途中で辞めており1997年に劇場からデビューしているためである。
  • かつて「シャイニング」と言うコンビでツッコミをやっていたが解散し、ピン芸人になる。『元祖!でぶや』(テレビ東京)に出演した際、解散した理由は太りだしたため、本来はツッコミであるが見た目はボケにしか見えなくなったからと話した。また番組レギュラーである石塚英彦から、「浅草(芸人)の香りがする」と言われた。
  • おはスタ』(テレビ東京)のスタジオ内でとび蹴り(?)を披露したが、ズボンが破けたというハプニングがあった。
  • 2008年8月30日よしもと浅草花月にて、ハローケイスケとのコンビ『スッテンコロリン』として初出演(デッカチャンは「コロリン」担当)。このコンビで、2008年、2009年の『M-1グランプリ』にも出場した。
  • 顔および体格がフジテレビアナウンサー佐野瑞樹酷似しているが、佐野アナ自身にこれといった特徴がないため、ネタにしづらいとのこと。
  • 芸人活動の傍ら、千原兄弟千原せいじが経営していた飲食店『せじけん』で働いていた。
  • 2012年大晦日に、4年間交際していた女性と入籍した。
  • アキネイターでよく検索される有名人』に選ばれたことがある。
  • 2017年よりYouTuberとしても活躍している他、DJとしても活動中。
  • 2019年6月と2021年4月に札幌KING XMHU(キングムー)でゲストとして出演した。
  • 2020年3月31日をもって、吉本興業を退社し、フリーでピン芸人としての活動をしている。

芸風[編集]

  • 主な持ちネタは「気づいちゃったマーチ」。赤をモチーフとした衣装と髪をしたマーチングバンドの扮装でスネアドラムをたたきながら登場し、「デッカチャンだよ」からはじめ、「気付いちゃった、気付いちゃった、ワ〜イワイ」と言うフレーズとともにあるあるネタや現代社会を生きる人々の矛盾した行動を独自の視点から斬る革新的なネタを披露する。因みに「気付いちゃった〜」という際は最初にカウベルを叩くのも右手であり、以降右2に対して左1の割合で小太鼓を叩く。叩いている際はゴー⭐︎ジャスに引けを取らないほど足踏みをする。後半からは「僕みたいに太っている人は・・・」とデブのあるあるネタに変わり、ネタとネタをタクシーホーンを鳴らすと共に「しかも〜」で繋ぎ複数回行う。最後に「デッカチャンでした」という掛け声とともに両手に持ったバチを胸の前で二回程度前後させる動作を行い終了。

主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デッカチャン、吉本興業退社を発表 4月からフリー「今後の活動は、DJや音楽を中心に」”. オリコンニュース (2020年4月2日). 2020年4月2日閲覧。
  2. ^ 2700ツネのユニットBAD×TEN、電撃ネットワーク迎え夏フェス開催”. お笑いナタリー (2016年4月19日). 2018年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]