デスティニー (チャカ・カーンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デスティニー
チャカ・カーンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース アリフ・マーディン(エグゼクティヴ・プロデューサー)、デヴィッド・ガムソン、グリーン・ガートサイド、ジョー・マーディン、ジョー・ブキャナン、フィリップ・セス、チャカ・カーン、レジー・グリフィン、ボー・ヒル、ラス・タイトルマン、センギッツ・ヤルトカーヤ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(スウェーデン[1]
  • 26位(スイス[2]
  • 49位(オランダ[3]
  • 50位(ドイツ[4]
  • 72位(アメリカ[5]
  • 77位(イギリス[6]
  • チャカ・カーン アルバム 年表
    フィール・フォー・ユー
    (1984年)
    デスティニー
    (1986年)
    C.K.
    (1988年)
    テンプレートを表示

    デスティニー』(Destiny)は、アメリカ合衆国の歌手チャカ・カーン1986年に発表した、ソロ名義では6作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    「ラヴ・オブ・ア・ライフタイム」はスクリッティ・ポリッティのグリーン・ガートサイドとデヴィッド・ガムソンが共作した曲である[7]。「アザー・サイド・オブ・ザ・ワールド」はジェネシスマイク・ラザフォードがソングライティングに貢献しており[7]、この曲は本作のリリースに先駆けて、1985年公開のアメリカ映画『ホワイトナイツ/白夜』のサウンドトラックで使用された[8]。また、「マイ・デスティニー」は、1986年5月公開のアメリカ映画『ジョ・ジョ・ダンサー英語版』で使用され[9]、同作のサウンドトラック・アルバムにも収録された[10]

    反響・評価[編集]

    アメリカの総合アルバム・チャートBillboard 200では72位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートでは25位を記録した[5]。また、本作からの先行シングル「ラヴ・オブ・ア・ライフタイム」は、総合シングル・チャートのBillboard Hot 100で53位に達し、同作のリミックス・ヴァージョンは『ビルボード』のダンス・ミュージック/クラブ・プレイ・シングル・チャートで11位、R&B/ヒップホップ・チャートで21位を記録している[5]第29回グラミー賞では、本作が最優秀女性R&Bパフォーマンス賞にノミネートされた[11]

    スウェーデンのアルバム・チャートでは4回(8週)連続でトップ40入りし、最高13位を記録した[1]

    アレックス・ヘンダーソンはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「"Watching the World"、"The Other Side of the World"、"So Close"を含む一部の曲は、R&B色よりもずっとポップ/ロック色が強い」「『デスティニー』は完璧ではないが、このアルバムはマイナス面よりもプラス面の方がずっと多く、R&Bのファンにもポップ/ロックのファンにもたやすく薦められる」と評している[12]

    収録曲[編集]

    1. ラヴ・オブ・ア・ライフタイム "Love of a Lifetime" (David Gamson, Green Gartside) – 4:21
      • プロデュース:グリーン・ガートサイド、デヴィッド・ガムソン、アリフ・マーディン
    2. アース・トゥ・ミッキー "Earth to Mickey" (Charlie Singleton) – 5:41
      • プロデュース:アリフ・マーディン
    3. ウォッチング・ザ・ワールド "Watching the World" (Richard Page, Steve George, John Lang) – 4:44
      • プロデュース:アリフ・マーディン、ジョー・マーディン
    4. アザー・サイド・オブ・ザ・ワールド "The Other Side of the World" (B. A. Robertson, Mike Rutherford) – 3:41
      • プロデュース:アリフ・マーディン、ジョー・ブキャナン
    5. マイ・デスティニー "My Destiny" (Chaka Khan) – 4:39
    6. あなただけに "I Can't Be Loved" (Glen Ballard, Randy Goodrum) – 4:30
      • プロデュース:レジー・グリフィン、ジョー・マーディン、アリフ・マーディン
    7. イッツ・ユー "It's You" (Tony Patler, Portia Griffin) – 4:19
      • プロデュース:アリフ・マーディン、レジー・グリフィン
    8. ソー・クロース "So Close" (Pam Tillis, Richard Feldman, Marcy Levy) – 4:19
      • プロデュース:ボー・ヒル、アリフ・マーディン
    9. タイト・フィット "Tight Fit" (Bunny Siegler, Marvin Morrow) – 4:39
      • プロデュース:ラス・タイトルマン、アリフ・マーディン
    10. フーズ・イット・ゴナ・ビー "Who's It Gonna Be" (Gary Goetzman, Mike Picirillo) – 4:37
      • プロデュース:アリフ・マーディン、ジョー・マーディン
    11. コルトレーン・ドリームス "Coltrane Dreams" (Arif Mardin, Julie Mardin, C. Khan) – 1:41
      • プロデュース:アリフ・マーディン、センギッツ・ヤルトカーヤ

    参加ミュージシャン[編集]

    • チャカ・カーン - ボーカルティンバレスカウベル
    • デヴィッド・ガムソン - シンセサイザー(on #1)、プログラミング(on #1)
    • ジェイソン・マイルス - プログラミング(on #1)
    • マイケル・コリーナ - プログラミング(on #1)
    • デヴィッド・レボルト - キーボード(on #1)、シンセサイザー(on #3, #10)、プログラミング(on #3, #10)
    • レジー・グリフィン - シンセサイザー(on #2, #6, #10)、キーボード(on #2, #6, #7)、ギター(on #2, #6, #7)、ラップ(on #2)、バッキング・ボーカル(on #6)、サクソフォーン(on #7)
    • ジョー・マーディン - シンセサイザー(on #3, #6, #9, #10)、指揮(on #3)、シーケンサー(on #3, #6)、キーボード(on #6, #9)、シーケンサー(on #6)、パーカッション(on #6)
    • ロビー・ブキャナン - シンセサイザー(on #4)
    • フィリップ・セス - キーボード(on #5)、プログラミング(on #5)
    • トニー・パトラー - キーボード(on #7, #9)
    • ボー・ヒル - シンセサイザー(on #8)、キーボード(on #8)
    • センギッツ・ヤルトカーヤ - キーボード(on #11)
    • ジョン・マホニー - プログラミング(on #11)
    • ケン・カミングス - プログラミング(on #11)
    • ニック・モロク - ギター(on #1, #10)
    • ダン・ハフ - ギター(on #3)
    • ランディ・フレドリックス - ギター(on #5)
    • ポール・ペスコ - ギター(on #6, #9)
    • レブ・ビーチ - ギター(on #8)
    • マーカス・ミラー - ベース(on #1)、アディショナル・ギター(on #1)
    • ピノ・パラディーノ - ベース(on #3)
    • アンソニー・ジャクソン - ベース(on #5)
    • フレッド・マー - ドラムス(on #1)
    • フィル・コリンズ - ドラムス(on #3)、バッキング・ボーカル(on #3)
    • デヴィッド・ローゼンバーグ - ドラム・サウンド(on #3, #6)、ドラムス(on #8)
    • スティーヴ・フェローン - ドラムス(on #5, #11)
    • ジミー・ブラロウアー - ドラム・プログラミング(on #9)
    • ボブ・ライリー - ドラム・プログラミング(on #10)
    • Thomas Oldakowski - ドラム・プログラミング(on #11)
    • ボブ・ゲイ - アルト・サクソフォーン(on #1, #9)
    • スコット・ギルマン - テナー・サクソフォーン(on #1)
    • マイケル・ブレッカー - テナー・サクソフォーン(on #3)
    • サム・リヴァース英語版 - テナー・サクソフォーン(on #11)
    • マシュー・コーニッシュ - トランペット(on #1)
    • ジョン・ファディス - トランペット(on #3)
    • マーヴィン・スタム - トランペット(on #3)
    • マイケル・モスマン - トランペット(on #3)
    • ランディ・ブレッカー - トランペット(on #3)
    • トム・マローン - トロンボーン(on #3)
    • ジーン・オーロフ - コンサートマスター(on #6)
    • マーク・スティーヴンス - バッキング・ボーカル(on #1, #2, #3, #7, #9, #10)
    • サンドラ・セイント・ヴィクター - バッキング・ボーカル(on #2, #6, #7, #8, #9, #10)
    • シンディ・ミゼル - バッキング・ボーカル(on #6)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]