デジレ・ドンデイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

デジレ・ルイ・コルネイユ・ドンデイヌDésiré Louis Corneille Dondeyne1921年7月20日 - 2015年2月12日[1])は、フランス指揮者作曲家

人物・来歴[編集]

エーヌ県ランに生まれ、リール国立地方音楽院でフェルディナン・キャペル(Ferdinand Capelle)にクラリネットを師事し、14歳でソルフェージュ、17歳でクラリネットのプルミエ・プリを得た。その後、パリ音楽院でオーギュスト・ペリエ(Auguste Périer)のクラスで学んだ。1939年フランス空軍軍楽隊に入隊し、パリ解放後に再びパリ音楽院に戻って、1945年にクラリネットのプルミエ・プリを得ると、1945年から1951年にかけてジャン・ギャロン和声ノエル・ギャロンフーガ対位法トニー・オーバン作曲オリヴィエ・メシアンアナリーゼを学び、それぞれでプルミエ・プリを得ている。

1953年に除隊し、1954年7月パリ警視庁吹奏楽団英語版の指揮者に就任、1979年に退くまで同楽団の黄金期を築いた。1980年から1986年までイシー=レ=ムリノーのニデルメイエール音楽院(fr:Conservatoire à rayonnement départemental d'Issy-les-Moulineaux)の院長に就いた。

パリ警視庁吹奏楽団時代にはレコーディングにも積極的に取り組み、小品集からベルリオーズの「葬送と勝利の大交響曲」のような大曲に至るまで、100を超える録音を行っている。

作曲家として自ら作曲するだけでなく、作曲の委嘱も行い、さらに吹奏楽編曲や校訂、他の作曲家の作品のオーケストレーションも数多く手がけた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 田中久美子 (2015年2月20日). “【訃報】フランスの作曲家・指揮者、デジレ・ドンデイヌ氏が死去”. 吹奏楽マガジン バンドパワー. 2015年2月21日閲覧。
先代:
フェリクス・クリブフ
パリ警視庁吹奏楽団
指揮者
1954年 - 1979年
次代:
ロジェ・ドゥルネル