デコパージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デコパージュ(Decoupage)は、手芸の一種。デクパージュとも。装飾美術の特殊塗料効果や、金箔等の要素を組み合わせていた。

デコパージュの一例
デコパージュされたフィレンツェの工芸品英語版

紙に描かれた絵を切り抜いてモチーフをつくり、家具などに張付けて上からニスを塗って仕上げる。古代の東シベリアの手芸が中国に伝わり、17世紀にイタリアの家具職人に伝わったのが始まりと思われている[1]。伝統的な技法では、30から40層のニスを使用し、研磨仕上げを行う事によって絵画や象嵌細工のように見える。

3Dデコパージュ[編集]

また、3Dデコパージュ(又はシャドーボックス)は同一の画像を複数枚使用し、切り取った同じパーツを接着剤で重ね合わせたり彫刻したりすることで3次元(3D)絵画を作成する工芸のジャンル[2]。作品はボックス型の厚みのある額縁に入れる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]