デキスター・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2008年オーストラリアプロGPX

デキスター・ジャクソンDexter Jackson, 1969年11月25日 - )は、アメリカ合衆国ボディービルダーIFBB公認のプロボディービルダーである。

アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビルに在住。近年のボディービル界では巨大な筋量重視の選手が多い中、プロポーション重視型の選手の代表例として語られることが多い。

特徴[編集]

他のボディービルダーと比較し、美しいプロポーションとシンメトリー(筋肉の左右対称性)、セパレーションの深さなどが特徴。ただし、欠点として小柄で筋量の少なさがある。167cmと小柄であり、昨今主流のモンスター級の筋量を持つボディービルダーと比べると迫力で見劣りする部分は否めず、コンテストでは、その体の美しさの割に低い評価も多かった。

2004年のミスター・オリンピアでは、新たに導入されたチャレンジラウンドでポイントを稼げず4位。しかし、2005年のアーノルドクラシックにおいて優勝候補筆頭のクリス・カミアーを破って初優勝。翌2006年の同大会でも連続優勝した。2005年のミスター・オリンピアには欠場。2008年の大会でも見事優勝している。

近年の戦歴[編集]

2015 Mr.Olympia2nd
2008 Mr.Olympia1st
2008 Arnold Classic1st
2007 Mr.Olympia3rd
2007 Arnold Classic2nd
2006 Arnold Classic1st
2005 Arnold Classic1st
2004 Mr.Olympia4th
2004 Australian Grand Prix1st
2004 San Fransisco Pro Grand Prix1st
2004 Arnold Classic4th
2004 Ironman Pro Invitational1st
2003 GNC Show of Strength1st
2003 Mr.Olympia3rd
2003 Maximus Italy3rd
2003 San Fransisco Pro3rd
2003 Arnold Classic4th
2002 GNC Show of Strength6th
2002 British Grand Prix1st

外部リンク[編集]