デカスロン (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デカスロン』は山田芳裕の漫画。1992年から1999年まで週刊ヤングサンデー小学館)に連載されていた。単行本全23巻、文庫版全13巻。

天性の運動神経を持つ風見万吉が素人同然の状態から十種競技に挑み、徐々に活躍の場を世界へと広げていく物語。

タイトルのデカスロン (decathlon) は、十種競技の意味である。

あらすじ[編集]

実家の牛乳屋を手伝う風見万吉は、故郷の新潟県から軽トラックを走らせて国立競技場へとたどり着く。初めての日本選手権で、十種競技に出場するためだ。無名の万吉が次々と叩き出す快記録に会場はどよめく。いくつかの競技で無残な記録に終わりながらも、日本新記録を打ち立てて優勝してしまう。世界選手権出場への実績を得るために出場したヨーロピアンカップをも制し、さらに十種それぞれの競技の日本記録保持者と戦う「デカ・バトルロイヤル」を経て、万吉は世界選手権でダン・オブライエンと対決する。

主な登場人物[編集]

風見 万吉(かざみ まんきち)
元高校球児。ピッチャーだったがノーコン故に野球に挫折していたところを体育教師の村山先生(万吉の通っていた学校とは違う高校(越光高校)の教員)に素質を見込まれ十種競技を始める。世間知らずで天然ボケの性格のため、筋肉痛や遅刻など様々なトラブルに遭遇する。しかし周囲のサポートと天性の運動神経に助けられ、十種競技の頂点へと向かう。
元ピッチャーの肩と高身長を活かした投擲種目が得意。他種目もハマれば900点以上をマークすることもあるが、経験不足故にムラがあり取りこぼしも多い。最終種目の1500メートルも得意(村山先生曰く10種目で一番)で十種競技選手としては驚異的な記録を誇るが、作品中盤以降は9種目までに体力を使い果たし、その実力が発揮できず結局他選手と競り合いのレースになってしまう。また後述の理由(村山先生の欄参照)で棒高跳を物語の序盤では苦手としていた。さらに終盤では筋力増強による体重増加で跳躍種目に苦しむことにもなる。
走高跳ベリーロール、中盤以降は円盤投で3回転半ターンの投法(実際にはあり得ない投法)を使う。
沢村 由紀夫(さわむら ゆきお)
日本十種競技の第一人者。万吉から恩師の苗字を村山と聞き、伝説の選手「村章」に師事していると勘違いする。後に自身も選手を続けながら、世界選手権を目指す万吉のコーチとなる。
冗談が通じない面もあるが、生真面目な性格で他の日本人十種競技選手からの信頼も厚い。それ故に試合中に相手を抑えて勝ちたい気持ちと相手の力を最大限引き出してやりたい気持ちとの間で苦慮するシーンがある。
冷静沈着でミスもほとんどせず、苦手種目も少ないタイプ。特に投擲種目を得意とするが、跳躍種目では得意種目を持つ多々良や「ハマった」際の万吉に比べるとやや劣る。モデルは日本記録保持者の金子宗弘
多々良 洋介(たたら ようすけ)
物語開始時点で沢村の日本記録に迫る若手十種競技選手。競技ごとに自分のキャッチフレーズを付けるなど、ナルシスト的な面がある。自分の苗字を「おおおおよし」と読み間違える天然ボケの万吉に対してことあるごとに突っかかる。自称「デカ・フォックス」。同じく自信家でビッグマウスの嵐とは日本選手権の控え所で乱闘寸前になるなど険悪な関係だったが、その後の棒高跳の一件などを通じ、引退後は温かい目で見守っている。
跳躍種目(特に走高跳と棒高跳)を得意とするが、投擲種目が苦手。走高跳には特に強いこだわりを持つ。
前述のように作品中盤で競技から引退し、家業を継ぎ実業家に転身する。この際に登場した海外スポーツメーカー・エグゾセルは作者の初期の作品「ザ・プライザー」(作・末田雄一郎)でも登場する。
原 信一(はら しんいち)
ベテランの陸上競技選手で大学講師。出場選手の中で最初に万吉の素質を直感し、自分の大学でトレーニングできるよう計らい、自身の研究も兼ねて万吉にコーチングにを施す。豪快な体育会系の兄貴肌だが、指導者としては理詰めの理論派。モデルとなった実在の同姓同名の人物は、都内の大学の教員をしている。
円盤投専門から十種競技に転向したため投擲種目全般を得意としている。砲丸投では日本人では珍しい回転投げを使う。(後に万吉も真似する)
嵐 寛(あらし ひろし)
通称アラカン。サッカー選手だったが、Jリーグ入りを蹴って未経験の十種競技に取り組む。サッカーから転向する際に記者会見を開き、そこでダン・オブライエンが今の僕のアイドルと発言。初の大会となる日本選手権で万吉に負けるまでは日本の選手を見下したような言動をとっていた。
万吉と同じく他種目で養った高い身体能力を活かした万能型だが、円盤投げを除く投擲種目(砲丸投、やり投)は苦手とする。練習では棒高跳を苦手としていたが日本選手権において多々良のアドバイスで克服。
投擲時の掛け声など万吉と対の存在とも言える描写が多く、口喧嘩の際もお互いを「犬」「サル」と罵りあっているが、互いの実力は認め合っている。(多々良についてもほぼ同様の関係である。)
走高跳で正面跳び背面跳びも使う)、円盤投で専門選手と同じ1回転半ターンの投法を使う。
村山先生
万吉の素質を最初に見出した女性体育教師。七種競技の経験しかなく、円盤投と棒高跳を万吉に教えることができなかった。巨乳。のちに多々良と結婚する。彼女を主人公とした読み切り「ヘプタスロン」では新潟大学に在籍しており、卒業してそのまま県内で教師になったと考えられる。ジャッキー・ジョイナー・カーシーを尊敬し、彼女と同じセパレートタイプのユニフォームをよく着る。
クリスチャン・シェンク
ドイツの十種競技選手。ソウルオリンピックで金メダルを獲得した実在の選手をモデルにしている。万吉と同じく走高跳でベリーロールを用い、またベリーロールに並々ならぬこだわりを持つ。
気分屋かつ女好きで試合中も売り子の尻を触ったりと軽い一面も見せる半面、その洗練された試合運びや言動などで、同じドイツ人十種競技選手であるマイヤーをはじめドイツの陸上ファンのカリスマ的存在となっている。そんな自分の心に火を付け、自分を負かした万吉(マンチキと呼ぶ)を気に入り、「デカ・バトルロイヤル」では日本のテレビ番組撮影を通じて日本記録保持者に代わって万吉を鍛えた。
クリストファー・メイフィールド
イギリスの十種競技選手。日本語を理解し、ヨーロッパカップに単身挑む万吉を支える。身体能力は優れているが精神面が弱く、能天気で恐れることを知らない万吉に憧れている。一方で学業優秀で日本文学に明るく、バーで日本文学について言い争いをしていた学生の仲裁に入ったときに「クリスがそう言うなら」とあっさり収めてしまうほど。苦手なことに対しては前述のような精神面の弱さが出るが、得意なことに対しては自信を持って行動するので実力をさらに十二分に発揮する性格である。
初登場時は細身で投擲種目が苦手だった(一方で110メートルハードルを得意としていた)が、終盤では過酷なトレーニングで筋骨隆々の肉体となり、逆に砲丸投に強い自信を持つまでに成長した。1日目の種目より2日目の種目で追い上げる万吉と逆のタイプ。
ダン・オブライエン
アメリカの十種競技選手。十種競技世界記録保持者(連載当時。2010年現在の世界記録保持者はロマン・シェブルレ)かつ世界選手権で三連覇を達成した実在の選手をモデルにしている。万吉たちの最終目標。精神・肉体ともに世界最強のデカスリート。本人もそのことを強く自覚しているが、それ故頂点に立ち続ける強いプレッシャーと陰で悪戦苦闘している。
最終回でアメリカ大統領選に立候補することを決意。同作者の別作品である『度胸星』では大統領役で登場する。
アレキサンドル・ズーカー
チェコの十種競技選手。世界トップレベルの選手だが棒高跳を苦手としている。シェンクに言わせればメンタル面にも問題があり、重要な局面でのミスや勝つためには手段を選ばない行動をすることもある選手である。
後述のナフードの妻の師にあたる。
ポール・マイヤー
ドイツの十種競技選手。実在選手がモデル。スマートな競技スタイルのシェンクに心酔しており、自身もよくシェンクに行動をたしなめられているが、ここぞという際には自分本来の泥臭い競技スタイルを前面に出す。
デイリー・トンプソン
十種競技元世界記録保持者(連載当時は前世界記録保持者)。モスクワ、ロサンゼルスと五輪二連覇を達成した実在の選手をモデルにしている。現役を退いている元選手という立場で、後輩デカスリートを見守っている陽気なオヤジ。作中では競技解説者として登場する一方、同じイギリスの現役選手であるクリスに目をかけ、コーチとして彼の大幅な成長を促した。
ナフード・エル・アブドゥル
サウジアラビアの十種競技選手。野生生物と戦う生活をしているため「ワンショットワンキル」という戦法をモットーとする。妻はズーカーの教え子だったが事故で死亡。自身は中距離選手だったがその妻の影響で十種競技に転向した。元々の走力を活かしたトラック種目と「ワンショットワンキル」戦法のフィールド種目で序盤から高得点をマークするタイプだが、その来歴と練習環境故にかつての万吉とおなじ弱点を持つ。
セルゲイ・ブブカ
ウクライナの棒高跳選手。実在選手がモデル。オリンピック・世界選手権など数々のタイトルを獲得し、驚異的な世界記録も保持している「鳥人」。ある身体不調に関係者共々悩まされている(という設定)。作中のアテネ世界陸上で偶然万吉がこれを解決するきっかけを与え、そのお礼に自身のポールを万吉に渡した。
桐山アキコ
日本テレビのアナウンサー。万吉に初対面で抱きつかれて嫌っていたが、彼の必死な姿に惹かれていく。

その他[編集]