デイヴィッド・ロッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デイヴィッド・ロッジDavid Lodge, 1935年1月28日 - )は、イギリス作家、英文学者。英文学者の経歴を生かした、学者世界を舞台とした「コミック・ノベル」作品で知られる。

経歴[編集]

ロンドン南東のブロックリー(Brockley)で生まれ育つ。最初に発表した小説"The Picturegoers"(1960年、日本語未訳)は彼の若い頃の経験をもとにしており、後の小説『恋愛療法』でも描かれた。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで英文学を学び、1955年に文学士、1959年にMAを得た。バーミンガム大学博士号を取得し、1960年から1987年まで大学で教えたのち、フルタイムの作家になるために退任した。また同大学で近代英文学の名誉教授の称号を取得し、バーミンガムに居住。彼の執筆活動の文書類は、バーミンガム大学の特別コレクションに収納されている。

1975年発表の『交換教授』でホーソンデン賞を受賞し、人気作家となった。なお、『交換教授』『小さな世界』『素敵な仕事』は三部作を構成している。

彼の小説においては、しばしば、学者の世界そして人文科学界が諷刺的に扱われている。また、ロッジはカトリックとして育てられたため(後で自身を「不可知論者的なカトリック」としているが)、彼の性格の多くはカトリック的であり、そしてそのカトリック性は作品のテーマの1つでもある(それは、『大英博物館が倒れる』『どこまで行けるか』『楽園ニュース』などにおいて顕著である)。

彼の小説中に登場する虚構の場所には、"Rummidge"(バーミンガムにならっている)という町と、「北カリフォルニア」と「南カリフォルニア」の間にある州である"Euphoria"がある。そして、Euphoriaの州立大学は、"Plotinus"市というカリフォルニアのバークレーによく似た町にある。

彼の小説のうち、『交換教授』『素敵な仕事』はイギリスでテレビシリーズ化されている。また、『素敵な仕事』はバーミンガム大学でも撮影が行われた。脚本はロッジ自らが手がけ、ほかにディケンズの『マーティン・チャズルウィット』の脚本も手がけた。

1998年の新年には、その文学に対する貢献のため大英帝国勲章が与えられた。

著作(日本語訳)[編集]

小説[編集]

  • 『大英博物館が倒れる』(白水社、1982年) The British Museum Is Falling Down(1965年)
  • 『交換教授』(白水社、1982年、改訳版2013年) Changing Places: A Tale of Two Campuses (1975年)
  • 『どこまで行けるか』(白水社、1984年)How Far Can You Go?(アメリカではSouls and Bodies で発表、1980年)
  • 『小さな世界 アカデミック・ロマンス』(白水社、1986年、新版2001年9月)Small World: An Academic Romance(1984年)
  • 『素敵な仕事』(大和書房、1991年)Nice Work(1988年)
  • 『楽園ニュース』(白水社、1993年)Paradise News(1991年)
  • 『恋愛療法』(白水社、1997年)Therapy(1995年)
  • 『胸にこたえる真実』(白水社、2000年)Home Truths(1999年)
  • 『考える・・・』(白水社、2001年)Thinks...(2001年)
  • 『作者を出せ!』(白水社、2004年)Author, Author(2004年)
  • 『ベイツ教授の受難』(白水社、2010年)
  • 『絶倫の人 小説H・G・ウェルズ』(白水社、2013年)、※訳者はいずれも高儀進

文学研究[編集]