デイヴィッド・ミラー (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デイヴィッド・ミラー(David Leslie Miller、1946年3月8日 - )はイギリスの政治学者。専門は、政治哲学、政治理論。

ケンブリッジ大学卒業後、オックスフォード大学で修士号および博士号取得。現在、オックスフォード大学ナフィールド・カレッジ教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Social Justice, (Clarendon Press, 1976).
  • Philosophy and Ideology in Hume's Political Thought, (Clarendon Press, 1981).
  • Anarchism, (J.M. Dent, 1984).
  • Market, State, and Community: Theoretical Foundations of Market Socialism, (Clarendon Press, 1989).
  • On Nationality, (Clarendon Press, 1995).
富沢克長谷川一年施光恒竹島博之訳『ナショナリティについて』(風行社, 2007年)
  • Principles of Social Justice, (Harvard University Press, 1999).
  • Citizenship and National Identity, (Polity Press, 2000).
  • Political Philosophy: A Very Short Introduction, (Oxford University Press, 2003).
山岡龍一森達也訳『政治哲学』(岩波書店, 2005年)
  • National Responsibility and Global Justice, (Oxford University Press, 2007).
『国際正義とは何か――グローバル化とネーションとしての責任』、富沢克・伊藤恭彦・長谷川一年・施光恒・竹島博之訳、風行社、2011

編著[編集]

  • The Blackwell Encyclopaedia of Political Thought, (Blackwell, 1987).
  • Liberty, (Oxford University Press, 1991).
  • The Liberty Reader, (Paradigm, 2006).

共編著[編集]

  • The Nature of Political Theory, co-edited with Larry Siedentop, (Oxford University Press, 1983).
  • Pluralism, Justice, and Equality, co-edited with Michael Walzer, (Oxford University Press, 1995).
  • Boundaries and Justice: Diverse Ethical Perspectives, co-edited with Sohail H. Hashmi, (Princeton University Press, 2001).