デイビッド・O・マッケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
David O. McKay
デイビッド・O・マッケイ
生誕 1873年9月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ準州 ハンツビル
死没 1970年1月18日(96歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ州 ソルトレイクシティー
配偶者 エマ・レイ・マッケイ

デイビッド・O・マッケイDavid Oman McKay1873年9月8日 - 1970年1月18日)は、末日聖徒イエス・キリスト教会の第9代官長。任期は1951年4月9日から1970年1月18日までの19年間。 1906年4月9日から1951年4月9日まで、十二使徒のクオーラム (Quorum of the Twelve Apostles) 、1950年8月8日からは、その代表だった。

、デイビッド・マッケイと、ジュネット・エヴァライン・エバンス・マッケイ(Jennette Eveline Evans McKay)との第3子。 ユタ準州ハンツビルオグデンの西およそ16km)の父親の農場で生まれる。 父親は、スコットランド ケイスネスからの移民、母親は、ウェールズ マーサー・ティドビルからの移民である。 1880年に、2人の姉が亡くなった後、父がモルモン宣教師となるため故郷スコットランドに呼ばれ、2年間そこで改宗する。 父親がいない間、母親を手伝う責任を負うことになる。

妻は、末日聖徒イエス・キリスト教会の長のエマ・レイ・マッケイ。