デイビッド・パターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイビッド・パターソン
人物情報
生誕 1947年11月16日(66歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州エバーグリーンパーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
学問
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
博士課程
指導教員
David F. Martin
Gerald Estrin
博士課程
指導学生
Garth A. Gibson
David Ungar
主な業績 RISC
RAID
Network of Workstations
主な受賞歴 ACM Distinguished Service Award
ACM-IEEE Eckert-Mauchly Award
テンプレートを表示

デイビッド・A・パターソン(David A. Patterson、1947年11月16日 - )は、アメリカ合衆国計算機科学者で、1977年からカリフォルニア大学バークレー校(UCB)の計算機科学教授を務めている。

RISCRAIDの基礎を築いた1人であり、RISCという用語の生みの親である。バークレーRISC英語版プロジェクトを指揮した[1]ジョン・ヘネシーとのコンピュータ・アーキテクチャに関する共著は教科書として広く採用されている。アメリカ科学振興協会フェロー。

経歴[編集]

イリノイ州エバーグリーンパーク出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) から学士号(1969年)、修士号(1970年)、Ph.D.(1976年)を取得。

RISC (Reduced Instruction Set Computer) の開発で重要な役割を果たし、RISCという用語を生み出した[1]。1980年からバークレーRISC英語版プロジェクトを指揮し、レジスタ・ウィンドウ技法を導入。他にもRAIDの発明者の1人でもあり、ネットワークで接続されたワークステーション群でコンピュータ・クラスターを構成する Network of Workstations (NOW) も開発した。

UCB 計算機科学部門の部門長とComputing Research Association の長を務めた後、2003年から2005年までアメリカ大統領の情報技術諮問委員会の委員も務め、2004年から2006年までACMの会長を務めた。

2011年まで行われた RAD Lab (Reliable Adaptive Distributed systems) プロジェクト[2]、2010年まで行われた RAMP (Research Accelerator for Multiple Processors) プロジェクト[3]に関与した。2013年現在は Par Lab (Parallel Computing Laboratory)[4] と AMP Lab (Algorithms, Machines, and People Laboratory)[5] に所属して研究を続けている。

パターソンの下で博士号を取得した有名人として以下の人々がいる:

受賞歴[編集]

ACM や IEEE から数々の賞を受賞しており、全米技術アカデミー会員にも選ばれた。2005年、C&C賞をジョン・ヘネシーと共に受賞。シリコンバレー工学の殿堂入りも果たしている。2004年、C&C賞を受賞。2006年、アメリカ芸術科学アカデミー全米科学アカデミーの会員にも選出され、Computing Research Association から Distinguished Service Award を授与された。

2007年東京工科大学カーネギーメロン大学の推薦及び選考により、片柳コンピュータ科学賞片柳優秀研究賞を授与された。また、同年コンピュータ歴史博物館およびアメリカ科学振興協会のフェローに選ばれた。

2008年、ACM Distinguished Service Award[6] と ACM-IEEE Eckert-Mauchly Award[7] を受賞。その後も様々な賞を受賞している。

主著(共著)[編集]

  • パターソン、ジョン・ヘネシーComputer Architecture: A Quantitative Approach ISBN 0-12-370490-1
    • 富田眞治 他訳、『コンピュータ・アーキテクチャ』日経BP社、1992年。ISBN 4-8222-7152-8
  • パターソン、ジョン・ヘネシー、Computer Organization and Design: the Hardware/Software Interface ISBN 1-55860-604-1
    • 成田光彰 訳、『コンピュータの構成と設計 第2版(上)』日経BP社、1999年。ISBN 4-8222-8056-X
    • 成田光彰 訳、『コンピュータの構成と設計 第2版(下)』日経BP社、1999年。ISBN 4-8222-8057-8

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]