ディープスキャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディープシリーズ
ジャンル 固定画面シューティングゲーム
開発元 セガ
ウッドプレイス
発売元 セガ
ウッドプレイス
1作目 ディプスチャージ
1977年
最新作 ザ・ディープ
1988年
テンプレートを表示

ディープスキャン』 (Deep Scan) は、1979年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)が開発したアーケードゲームである。当記事では『ディープスキャン』以外にも、同じ流れを組むゲーム陣を時系列で解説する。

各ゲーム共通の説明[編集]

  • プレイヤーは左右2方向に駆逐艦を動かし、2つのボタンでそれぞれ左右に爆雷を落として、敵の潜水艦を撃破する。
  • 潜水艦から発射された機雷に当たると撃沈される。
  • 潜水艦のスピードは表示されている数字が小さいほど高速であり、得点は深度が深いほど高得点となっている(おおむね深いところほど移動速度が速い)。
  • BGMと言えるものはなく、潜水艦内の探針音と、爆発音のみが流れている。
  • 潜水艦の出現はパターン化されている。
  • 爆雷の弾薬数は常時最大6発と限られており、6発が画面上に残っていると弾切れを起こす。

ディプスチャージ[編集]

ディプスチャージ (Depthcharge)
ジャンル 固定画面シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 グレムリン・インダストリー
発売元 アメリカはグレムリン、日本は次節参照
人数 1人
発売日 [AC]1977年
テンプレートを表示
  • 一番初めに作られたシリーズ。
  • このゲームがプレイヤーにとって遊び易いか、ロケーションテストをかなり綿密に行なったため、正式稼動版はかなりの人気となった。
  • 基板Intel 8080版とZ80版の両方がある。
  • ちなみに開発したグレムリンは元々ゲーム会社として創業したのではなく、ソナー(魚群探知機)などの海洋精密機器メーカーであったため、電子機器へのノウハウを持っていた。

ディプスチャージの国内版[編集]

『ディプスチャージ』の人気は『ブロックくずし』『サーカス』ほどではなかったものの、それに次ぐ人気が出たため、国内でも同じ作品が複数社から発売された。

ディプスチャージ(エスコ貿易
正規の国内輸入版。その後ほどなく、エスコ貿易もグレムリン同様セガに吸収されている。
サブハンター(タイトー
タイトーはテレビゲームについても黎明期から、米国メーカーからのライセンス生産を積極的に行なっており、このゲームもそれに該当する。サブとはサブマリン(潜水艦)のアメリカ式の略称(アタリには『サブズ』というゲームもある)。故に流通台数も多く、東京都内では1990年代半ばまで稼動が確認されていた。
ディプスボンブ(セガ)
タイトルに含まれるボンブ(bombe)という語は爆弾を意味する。
サブマリン(データイースト
同名のナムコ(今のバンダイナムコゲームス)のエレメカサブマリン (ナムコ)』とは無関係。
センスイカンゲーム(データイースト)
上記のを筐体をアップライト式(箱型)からテーブル式に、画面を横長から縦長に、文字を英語からカタカナにし、他のゲームと2in1筐体にしたもの。なおデータイーストによる同種の改良は前述の『サーカス』→『フウセンワリゲーム』でも行なわれている。

ディープスキャン[編集]

ディープスキャン
ジャンル 固定画面シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 セガ
発売元 セガ(後のセガ・インタラクティブ
人数 1人/2人
発売日 [AC]1979年
テンプレートを表示

『ディープスキャン』は、セガが当時発売していた2in1筐体のシリーズ、『スペシャルデュアル』の一つとして発売された。2in1筐体に用意されたものは、『インビンコ』または『カーハント』と一緒に『ディープスキャン』が入っていた。『ディープスキャン』がおまけ扱いとしていたが、こちらがヒットしたため、『ディープスキャン』専用のアップライト筐体も作られた。

セガは『ディプスチャージ』と『ディープスキャン』の間にグレムリンを吸収しセガ・グレムリンとしたため、当時のグレムリンのゲームにはセガにライセンスされたものが多い。『ディプチャージ』から『ディープスキャン』への流れもこの理由による。ヘッドオン基板を使用しているが、この基板自体もセガ・グレムリンが開発したものである。

ディープスキャンからの変更点は、主に以下の通り。

ディプスチャージ ディープスキャン
白黒 カラー
筐体 アップライト式 テーブル式
駆逐艦の移動 ボタン ジョイスティック
潜水艦の得点表示 2桁 1桁
駆逐艦が沈没すると 画面下部に潜水艦と共に表示追加
(得点清算時に、沈没数に応じて減点)
駆逐艦が全て撃沈されるとゲームオーバー
ゲームオーバー 時間制(延長あり) 残機制
ディープスキャンから独自に追加された内容
縦長のモニタで上部3/4がメイン画面となっており、下部の中心にレーダーが表示されている。レーダーには駆逐艦と潜水艦が表示されており、潜水艦の出現位置やタイミングが分かるようになっている。
通常の潜水艦を撃破すると、通常の得点とは別にボーナス得点が50点ずつ蓄積され、たまに出現する赤色の潜水艦を撃破すると蓄積されたボーナスが加算される。

ザ・ディープ[編集]

ザ・ディープ
ジャンル 固定画面シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 ウッドプレイス
発売元 ウッドプレイス
アイ・ティー・エル
人数 1人/2人
発売日 [AC]1988年
テンプレートを表示

上記のリメイクとして発売された。各ステージや敵キャラの細分化、BGMアイテムボスキャラクターの追加など色々な要素が組み込まれている。また上記に無い細かい要素として、以下の点が挙げられる。

  • 爆雷と機雷が交差した場合、これまでのシリーズではすれ違うだけだったが、『ザ・ディープ』では打ち消しあう。
  • 爆雷降下中、4方向レバーを下に入れると降下速度が速まり、上に入れると遅くなる。

余談だが『ザ・ディープ』を作ったウッドプレイス社は、東京都江東区木場で創業した会社で、木場の「木」と「場」を英語(woodとplace)にしたのが由来。

移植[編集]

  • 『ディープスキャン』まではマイコン(当時ホビーパソコンをこう呼んだ)にもかなり 移植されており、PET 2001版、MZ-80K/C版、PC-8001版、FM-8版などが存在する。また当時のプログラミング言語であったBASICは、今と比べ処理速度が遅く、アクションゲームが作りにくいという欠点があったが、このシリーズは画面に登場するキャラクターが多いにも関わらず(海をテーマにしているため)速度が遅く、衝突判定(どんなキャラや座標に当たったらどうするか)も簡単なため、BASICによる移植が比較的多く存在した(MZ版は機械語だった)。しかし潜水艦の描写は、当時のマイコンではグラフィック機能が追いつかず、キャラクタグラフィックを使って<<1>>などと表示していた移植も多かった。
  • 『ディープスキャン』はセガサターン用ゲームソフト『ダイナマイト刑事』に、おまけとして収録されている。
  • 『ザ・ディープ』はタイトル内蔵ゲーム機『レトロビット・ジェネレーション2』に収録されている。

類似作[編集]

外部リンク[編集]