ディートリヒ・ブランディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dietrich Brandis

ディートリヒ・ブランディス(Dietrich Brandis, KCIE, FRS、1824年3月31日 - 1907年5月29日)は、ドイツ森林学者である。イギリス森林局のためにインド植民地の森林保全のために働いた。

生涯[編集]

ボンに生まれた。父親はボン大学植物学教授であった。コペンハーゲン大学ゲッティンゲンナンシー、ボンで学び、1849年にボン大学の講師となった。1854年にイギリスインド総督を務めたダルハウジー侯爵ジェイムズ・ラムゼイの友人のハブロック将軍の親類の娘と結婚し、そのつてでビルマやインドを訪れた。イギリス政府はインドの木材資源の利用に注目し、伐採の規制などの森林の保護の必要性を認識した。ヒュー・クレグホーンの要請で森林破壊を調査する委員会が作られ、1855年にインド総督は森林保護の覚書を発行した。ブランディスは1856年から東ビルマの Pegu地区のチーク林の監督官としてイギリス森林局で働いた。ブランディスはそれまで反抗的であったカレン族を使って数年毎に移動しながら植栽と伐採と繰り返すシステムを採用した。このシステムによってカレン族は政府に従順となった。、

ブランディスは植物学研究にも興味があったが、ビルマに移動する時に持参した標本や文献が航海中に失われたことにより、森林学の研究に集中することになった。

チーク材の量、成長率を確定し、収穫量を推定し、害虫火災から森林保護計画を策定した。材木の買い付け規則を決め、保全地域を決め、保全官を任命した。

ビルマで7年間働いた後、インドの森林監督官長(Inspector General of Forests)になりその後20年間その職にあった。新しい森林法案を策定し、研究研修機関の設立を支援した。デラドゥンの帝国森林学校を設立した。

ブランディスはインド各地の聖地を訪れ、その報告を行った。インド北西部、中央部の森林の植物を研究し退職後もインドの森林の研究を続け、75歳の時4400の種を記述した、主著の『インドの樹木』(Indian Trees)の執筆を開始した。この書籍は1906年に出版され、その後何度か改定されている。

ショウガ科のRoscoea brandisiiなど多くの種に献名されている。

Brandisは、植物の学名命名者を示す場合にディートリヒ・ブランディスを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  • Rajan, Ravi (1998). "Imperial environmentalism or environmental imperialism?". In Richard H. Grove, Vinita Damodaran and Satpal Sangwan. Colonial foresters and the agendas of forest management in British India 1800-1900. pp. 324–371.
  • http://www.botgart.uni-bonn.de/o_uns/kbrandis.html
  • (1907) Obituary: Sir Dietrich Brandis, F. R. S. The Geographical Journal 30(1):97.
  • Rao, V. S. 1961. 100 years of Indian Forestry. Souvenir. Forest Research Institute. Dehra Dun. scanned version
  • Herbert Hesmer. "Leben und Werk von Dietrich Brandis. Begründer der tropischen Forstwirtschaft, Förderer der forstlichen * Entwicklung in den U.S.A., Botaniker und Ökologe". Abstracts of the Rheinisch-Westfälische Akademie der Wissenschaften, Vol. 58. XXIII u. 476. Westdeutscher Verlag, Opladen, 1975.
  • James G. Lewis. The Forest Service and the Greatest Good: A Centennial History. Durham, NC: Forest History Society, 2005.
  • S. S. Negi. Sir Dietrich Brandis: Father of Tropical Forestry. Dehra Dun, India: Bishen Singh Mahendra Pal Singh, 1991.
  • Weil, Benjamin, "Conservation, Exploitation, and Cultural Change in the Indian Forest Service, 1875-1927". Environmental History 11.2 (2006): 57 pars. 26 April 2007 [1]