ディーター・シュネーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディーター・シュネーベル
出生名 Dieter Schnebel
生誕 (1930-03-14) 1930年3月14日
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴァルツヴァルト
死没 (2018-05-20) 2018年5月20日(88歳没)

ディーター・シュネーベルDieter Schnebel, 1930年3月14日 - 2018年5月20日)は、ドイツ作曲家音楽教育家牧師

経歴[編集]

バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴァルツヴァルト出身。フライブルク音楽大学で音楽理論を学び、ダルムシュタット講習会ルネ・レイボヴィッツエルンスト・クルシェネクヘルマン・シェルヘンルイジ・ノーノピエール・ブーレーズハンス・ヴェルナー・ヘンツェカールハインツ・シュトックハウゼンらの影響を受ける。

その後テュービンゲン大学神学哲学音楽学を学ぶ。直後から作曲活動を行ったが、大学卒業後にカイザースラウテルンで牧師の仕事に入り、結婚し2人の子供を儲けている。

1970年に再婚しミュンヘンで音楽教師を務める。その後牧師活動をやめて1976年からベルリン芸術大学実験音楽と音楽学の教授に就任、以降定年の1995年まで勤める。

2018年5月20日、心臓病のためにベルリンにて亡くなった[1]。88歳没。

主要作品[編集]

  • マウルヴェルケ
  • 交響曲X(エックス)
  • パン
  • グロッソッラリー61
  • 声のために(dt31,6、AMN、!MadrashaII)
  • 「Mono」(本)、
  • メタモルフォーゼン・デス・オヴィド、モデレ
など

脚注[編集]

  1. ^ “MENSCHENFREUND UND GRENZÜBERSCHREITER” (ドイツ語). Yonhap News. BR-KLASSIK. (2018-05-)