ディーズファッション専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディーズファッション専門学校
過去の名称
  • 大丸ドレスメーカー女学院 (1949-1980)
  • 大丸ドレスメーカー専門学校 (1980-1991)
国公私立の別 私立学校
学校種別 専門学校
設置者 学校法人大丸クリエーターズアカデミー
設立年月日 1949年6月 (72年前) (1949-06)
閉校年月日 2020年3月31日 21か月前 (2020-03-31)
共学・別学 男女共学
学校コード 843013
学科
  • ファッションクリエイティブ学科
  • ファッションビジネス学科
  • ファッションザッカプロデュース学科
所在地 600-8079
北緯34度59分54秒 東経135度45分47秒 / 北緯34.99833度 東経135.76306度 / 34.99833; 135.76306座標: 北緯34度59分54秒 東経135度45分47秒 / 北緯34.99833度 東経135.76306度 / 34.99833; 135.76306
公式サイト https://dsf.ac.jp/
テンプレートを表示

ディーズファッション専門学校(ディーズファッションせんもんがっこう)は、J.フロント リテイリング傘下の学校法人大丸クリエーターズアカデミーが運営していた専修学校京都府京都市下京区にあった。2017年度の入学生を最後に学生募集を停止し、在校生の卒業にあわせて学校運営を終了した。

近年の制作発表展はD'S EXHIBITIONの名で京都市勧業館や創立の場所でもある大丸京都店6階のイベントホールなどで行われていた[1]

沿革[編集]

  • 1949年 6月、洋裁教育を広めるため、大丸ドレスメーカー女学院を大丸京都店6階に開校(学校創立)[2]。年末、下京区堺町通に移転[3]
  • 1950年 校舎を現在地に移転
  • 1951年 京都で初のステージを使ったファッションショーを開催。
  • 1954年 大丸創業者・下村家別荘の大丸ヴィラでファッションショーを開催[4]
  • 1958年 学校法人大丸ドレメ学園 大丸ドレスメーカー女学院と改称し、学校法人となる
  • 1970年 礒村春学院長がニューヨーク・ファッション工科大学で立体裁断を学び、既製服の技術教育を導入
  • 1980年 学校法の改正により、専門学校に昇格。大丸ドレスメーカー専門学校と改称
  • 1991年 学校法人大丸クリエーターズアカデミー ディーズファッション専門学校と改称。男女共学制をスタート。ファッションビジネス科を開設
  • 1992年 別館及び礒村春記念ディーズギャラリー完成。スペースディスプレイ科を開設。コンピューター教育本格導入
  • 1997年 インターネット活用による情報教育を導入。公式ウェブサイト開設
  • 2007年 大丸松坂屋が経営統合しJ.フロント リテイリング設立
  • 2008年 アパレルCADシステムを増強、新時代のパタンナー育成を本格化
  • 2010年 株式会社大丸と株式会社松坂屋とが合併し、株式会社大丸松坂屋百貨店となる
  • 2012年 スペースディスプレイ科をファッションディスプレイ科に改称
  • 2014年 YouTubeに公式動画チャンネルを開設
  • 2018年 学生募集停止
  • 2020年 閉校

歴代校長[編集]

学科[編集]

1949年の開校当初は、1年目が本科、2年目が師範科の2年制だった[4]。学生募集停止時の学科は次の通り。

  • ファッションクリエイティブ学科
    • デザイナーコース(3年制)
    • テキスタイルコース(3年制)
    • パタンナーコース(3年制)
    • オートクチュール・コスチュームコース(3年制)
    • 服飾基礎コース(2年制)
  • ファッションビジネス学科
    • ショップマスター・バイヤーコース(2年制)
    • ファッションアドバイザー・スタイリストコース(2年制)
  • ファッションザッカプロデュース学科(2年制)

出身者[編集]

  • 岩岸 仁行
  • 山口 大人
  • 公文代 時明

所在地[編集]

  • 〒600-8079 京都市下京区堺町通松原下ル

最寄り駅は、五条駅 烏丸駅

脚注[編集]

  1. ^ 学生コラボ制作発表レポート【ディーズファッション専門学校】”. 2020年8月18日閲覧。
  2. ^ 大丸 / Daimaruに関する最新記事”. VOGUE JAPAN. 2020年8月18日閲覧。
  3. ^ (株)大丸『大丸二百五拾年史』(1967.10)”. 渋沢社史データベース. 渋沢栄一記念財団. 2020年8月18日閲覧。
  4. ^ a b c 青木美保子「1960年代 日本におけるパリ・オートクチュールの受容ー大丸百貨店と大丸ドレスメーカー女学院に関わった礒村春の活動を手がかりにー」『デザイン理論』第67巻、意匠学会、2016年1月31日、 1-16頁、 ISSN 09101578NAID 120005754180
  5. ^ 京都には大丸ドレスメーカー専門学校と藤川学園という洋裁学校があったと聞くが、この2校の創設者は、ドレ...”. レファレンス協同データベース. 2020年8月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]