コンテンツにスキップ

ディレピスカメレオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディレピスカメレオン
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
: カメレオン科 Chamaeleonidae
: カメレオン属 Chamaeleo
: ディレピスカメレオン
C. dilepis
学名
Chamaeleo dilepis
(Leach, 1819)
シノニム[2]
  • Chamaeleo angusticoronatus
    Barbour, 1903
  • Chamaeleo bilobus
    Kuhl, 1820
  • Chamaeleo capellii
    Bocage, 1866
  • Chamaeleo planiceps
    Merrem, 1820
英名
Flap-necked chameleon
分布域

ディレピスカメレオン (学名:Chamaeleo dilepis) は、有鱗目カメレオン科に分類されるカメレオンの1種。サブサハラアフリカに分布し、8亜種が知られている。別名フラップカメレオン[3]

分類と名称

[編集]

以下の8亜種が知られる[2]。和名は上原(2022)に従う[3]

  • Chamaeleo dilepis dilepis ガボンフラップカメレオン Leach, 1819 – flap-necked chameleon
  • Chamaeleo dilepis idjwiensis チュウオウフラップカメレオン Loveridge, 1942 – Idjwi Island flap-necked chameleon
  • Chamaeleo dilepis isabellinus マラウィフラップカメレオン Günther, 1893 – Isabelline flap-necked chameleon
  • Chamaeleo dilepis martensi ペンバフラップカメレオン Mertens, 1864 – Pemba Island flap-necked chameleon
  • Chamaeleo dilepis petersii モザンビークフラップカメレオン Gray, 1865 – Peters' flap-necked chameleon
  • Chamaeleo dilepis quilensis エリカメレオン Bocage, 1866
  • Chamaeleo dilepis roperi トウブフラップカメレオン Boulenger, 1890
  • Chamaeleo dilepis ruspolii ホクトウフラップカメレオン Boettger, 1893

亜種小名 roberi はG.D. Trevor-Roperへの献名で、ruspoiliイタリア探検家であるEugenio Ruspoliへの献名[4]

分布と生息地

[編集]

北はエチオピアソマリアカメルーン西部、南は南アフリカ共和国北部まで、サブサハラアフリカに広く分布する。海岸沿いの森林サバンナ、茂みのある草原に生息し、田園地帯郊外にも進出している[1]

形態

[編集]

全長は最大35 cm[5]。背中にある棘状の鱗は、亜種によって有無が異なる。雄は雌より微妙に小さく、蹴爪があり、尾の付け根が太い[5]。体色は変異が大きく、緑色、黄色、茶色など様々。繁殖期になると雄の喉は白くなり、雌は妊娠時に黄色や橙色のスポットが現れる。体側面下部には淡い縞が入り、体側面上部には1 - 3個の淡い斑点が入る[6]威嚇時は縞模様がはっきりと現れる。敵が近づくと、後頭部や喉を広げて威嚇する[5]

生態

[編集]

繁殖形態は卵生で、10 - 40個の卵を産む。10 - 12ヶ月で孵化し、幼体は生まれてすぐ昆虫を食べる。主に昆虫などの小型無脊椎動物を捕食するが、大型の個体はヤモリや小型のカメレオンであっても捕食する。ブームスラングアフリカツルヘビ属などのヘビに捕食される[1]

人との関わり

[編集]

飼育下ではよく育ち、昼行性である。野生と似た気候にする必要がある。コオロギミルワームなどの昆虫を餌として与える。飼育下での寿命は5 - 8年。カメレオンの中では世界で3番目に取引量が多い。1977 年から 2011 年の間に 111,000 頭以上がアメリカ合衆国などに輸出された[1]

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d Tolley K (2014). “Chamaeleo dilepis ”. IUCN Red List of Threatened Species 2014: e.T176308A1438077. doi:10.2305/IUCN.UK.2014-3.RLTS.T176308A1438077.en. 
  2. ^ a b Reptile database”. 2024年3月21日閲覧。
  3. ^ a b 上原洋子、(2022)『ディスカバリー 生き物・再発見 カメレオン大図鑑』誠文堂新光社 ISBN 978-4-416-52166-3
  4. ^ Beolens, Bo; Watkins, Michael; Grayson, Michael (2011). The Eponym Dictionary of Reptiles. Baltimore: Johns Hopkins University Press. xiii + 296 pp. ISBN 978-1-4214-0135-5. (Chameleo roperi, p. 226; Chameleo ruspolii, p. 229).
  5. ^ a b c 星克己『爬虫・両生類ビジュアルガイドブック カメレオン』誠文堂新光社,2004,5,1, ISBN 4-416-70419-4
  6. ^ Tolley, Krystal; Burger, Marius (2007). Chameleons of Southern Africa. Cape Town, South Africa: Struik  100 pp. ISBN 978-1770073753. (Chamaeleo dilepis, pp. 87–88).

参考文献

[編集]
  • Branch, Bill (2004). Field Guide to Snakes and other Reptiles of Southern Africa. Third Revised edition, Second impression. Sanibel Island, Florida: Ralph Curtis Books. 399 pp. ISBN 0-88359-042-5. (Chamaeleo dilepis, pp. 227–228 + Plate 96).
  • Leach WE (1819). "Appendix. No. IV. Reptilia. (Reptiles.)" pp. 493–496. In: Bowdich TE (1819). Mission from Cape Coast Castle to Ashantee, with a Statistical Account of that Kingdom, and Geographical Notices of other Parts of the Interior of Africa. London: John Murray. viii + 512 pp. (Chamaeleo dilepis, new species, p. 493). (in English and Latin).
  • Main DC, van Vuuren BJ, Tolley KA (2018). "Cryptic diversity in the common flap-necked chameleon Chamaeleo dilepis in South Africa". African Zoology 53 (3): 11–16.
  • Reaney LT, Yee S, Losos JB, Whiting MJ (2012). "Ecology of the Flap-necked Chameleon Chamaeleo dilepis in Southern Africa". Breviora (532): 1–18.
  • Reissig J, Boshoff D (2013). "Chamaeleo dilepis dilepis Leach, 1819, Common Flap-neck Chameleon, Reproduction". African Herp News, Newsletter of the Herpetological Association of Africa (59): 44–45.

関連項目

[編集]