ディルク・ブラウワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ディルク・ブラウワー(Dirk Brouwer、1902年9月1日 - 1966年1月30日)はオランダ生まれでアメリカ合衆国で働いた天文学者である。

ロッテルダムに生まれた。ライデン大学で博士号を得た。アメリカ合衆国に渡り、コネチカット州イェール大学でアーネスト・ブラウンとともに天体力学の分野で研究した。1941年から1966年までイェール大学天文台の所長を務めるとともにアストロノミカル・ジャーナルの編集長を務めた。

天体力学の専門家で、天体力学教科書 Methods of Celestial Mechanicsの著者である。天体の軌道の計算方法を改良し、彗星や小惑星の軌道の計算を行った。電子計算機を天体計算に使用した、最初の一人である。ニューヘイブンで没した。

受賞歴[編集]

命名[編集]

  • 小惑星:(1746) ブラウワー
  • 月のクレータ:ブラウワー( 数学者のLuitzen Egbertus Jan Brouwerとの功績を記念)
  • ディルク・ブラウワー賞:アメリカ天文学会のDivision on Dynamical Astronomyの賞

外部リンク[編集]