ディプロプテリス・カブレラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディプロプテリス・カブレラナ
Diplopterys cabrerana (18183804525).jpg
ディプロプテリス・カブレラナ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: キントラノオ目 Malpighiales
: キントラノオ科 Malpighiaceae
: Diplopterys
: D.cabrerana
学名
Diplopterys cabrerana (Cuatrec.) B.Gates
シノニム
  • Banisteriopsis cabrerana[1]

ディプロプテリス・カブレラナDiplopterys cabrerana)は、アマゾン盆地原産のつる植物で、ブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルーにまたがって生息する[1]ケチュア語で、チャリポンガ(chaliponga)とか、チャクロパンガ(chagropanga)と呼ばれ、エクアドルの一部ではチャクルーナ(chacruna)と呼ばれるが、こちらはより一般にはサイコトリア・ヴィリディス (Psychotria viridis) のための呼称である。

本種とサイコトリア・ヴィリディスは、それぞれ共にアヤワスカに混合される植物である。共にN,N-DMTを豊富に含有し、これはヒトや多くの種でトリプタミン系の内因性物質である。本種では加えて、その構造的アナログである5-MeO-DMTも生成する。

本種は、アルカロイドである N,N-DMT や 5-MeO-DMT、N-メチルテトラヒドロ-β-カルボリンを、葉や茎に蓄える[1]。葉のサンプルからは、0.17-1.75%のN,N-DMTを含むことが判明しており[1]N-メチルテトラヒドロ-β-カルボリンは微量であった[2]。また微量のブフォテニンを含有する[1][2]

本種は挿し木で移植可能であり、土に直に植えるか、最初に根を水に入れるかする[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Rätsch, Christian. Enzyklopädie der psychoaktiven Pflanzen. Botanik, Ethnopharmakologie und Anwendungen.. p. 179. ISBN 978-3-85502-570-1. 
  2. ^ a b www.biopark.org

外部リンク[編集]