ディブック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劇作品『ディブック』でヒロインのLeah'leを演じるハナ・ロヴィナ 1920年頃

ディブック - 二つの世界のはざまで』 (イディッシュ語では : דער דיבוק אדער צווישן צוויי וועלטן) は、ロシア人の民族学者シュロイメ・アンスキー(Shloime Ansky)がイディッシュ語で1917年に書いた三幕構成の演劇作品。ユダヤカバラ主義の伝統にあるディブク(生きている人間に取り付く悪霊)の民間伝承を主題に、前世でちぎられた二人の男女の悲恋物語を重ねたもの。