ディフタウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディフタウ
Dykhtau.jpg
最高地点
標高 5,205 m (17,077 ft)
プロミネンス 2,002 m (6,568 ft)
アイソレーション 64 キロメートル (40 mi)
総称 セブン・セカンド・サミット
ウルトラ
座標 43°3′N 43°8′E / 43.050°N 43.133°E / 43.050; 43.133座標: 43°3′N 43°8′E / 43.050°N 43.133°E / 43.050; 43.133
地形
ディフタウの位置(コーカサス山脈内)
ディフタウ
ディフタウ
コーカサス山脈の中のディフタウの位置
所在地 ロシアの旗 ロシア カバルダ・バルカル共和国
ジョージア (国)の旗 ジョージアカバルダ・バルカル共和国の旗 カバルダ・バルカル共和国
所属山脈 コーカサス山脈
地形図 Map and Guide to the Caucasus: Bezingi, Bashil, Adaikhokh[1]
Project.svg プロジェクト 山

ディフタウ(ゴラ・ディフタウ、ディフタウ山、ロシア語: Дыхтау(Dykhtau), カラチャイ・バルカル語: Дых тау(Dykh-Tau))は、ロシアカバルダ・バルカル共和国にあるである。山頂はジョージアとの国境の北約5kmに位置している。エルブルス山に次いでコーカサス山脈およびヨーロッパで2番目に高い山である。山名はテュルク語で「ギザギザの山」を意味する"dik dagh"に由来する。

アクセス[編集]

ディフタウへは北側(ロシア側)から最もアクセスしやすい。ベジンギ村はカバルダ・バルカル共和国の首都・ナリチクから公共交通機関がわずかしかなく、4WD車を借りる必要がある。ベジンギ村のキャンプは標高2180mの位置にある。ここからベースキャンプに到達するまでさらに2日間かかる[2]

登頂ルート[編集]

ディフタウは、ベジンギ氷河を渡り壮大な「ベジンギの壁」に面するコーカサス山脈の山の一つである。1888年のMummeryとZarfluhによる初登頂は当時の大きな成果だった。彼らが使用した南西稜を上るルートは今では通常のルートとしては使われておらず、ロシアのグレード英語版で4Bに格付けされている北稜のルートが使われている。

Misses Koshから始まり、Misses-Tauの西稜を最初に横断し、Misses-Koshから4時間、ディフタウの北稜に下行する懸垂氷河が位置するロシアのBivouacまで続く。Misses-Tauとディフタウの間の狭い道にたどり着いたら、北稜は頂上に続いている。ロシアの野営地から北稜の野営地までは2日は見ておく必要がある。詳細と地図

地図[編集]

インターネット上ではソ連軍に由来する様々な地図が見られる。それらはキリル文字で書かれている。2つの地図がこのエリアをカバーしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b EWP/WCP (1994). Map and Guide to the Caucasus: Bezingi, Bashil, Adaikhokh (地図). 1:100,000 with mountaineering information. EWPによる作成. (1st ed.). ISBN 0-906227-53-4. http://www.ewpnet.com/bzngimap.htm 
  2. ^ Robin Collomb and Andrew Wielochowski (1993). Caucasus from Elbrus to Kazbek (地図). 1:200,000 with general information. Map Guides. EWPによる作成. (1st ed.). ISBN 0-906227-54-2. http://www.ewpnet.com/CAUCCMAP.HTM 

外部リンク[編集]