ディネシュ・パテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディネシュ・パテル
Dinesh Patel
基本情報
国籍 インドの旗 インド
出身地 ウッタル・プラデーシュ州ラクナウ
生年月日 (1989-05-08) 1989年5月8日(30歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディネシュ・パテルDinesh Patel1989年5月8日 - )は、インドウッタル・プラデーシュ州ラクナウ出身の元プロ野球選手(投手)。

インド人として、リンク・シンと共にアメリカ合衆国で野球をプレーした初の選手となった[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1989年5月8日に、インドウィタル・プラデーシュ州ラクナウで生まれた[2]

2008年に、行われた「ミリオンダラー・アーム」というコンテスト形式のリアリティー・ショーに参加した。ここで、リンク・シンと共に優勝した[3]

優勝後に、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにシンと共に渡米する[3]。渡米後に、南カリフォルニア大学で練習する事となった[4]。この大学の野球部投手コーチのトム・ハウスは、かつてノーラン・ライアンランディ・ジョンソンロブ・ネンケヴィン・ブラウンらを指導したことで知られる[4]。この大学で、野球の練習と英語の習得をする事となった[5]

プロ入り後[編集]

2009年に、ピッツバーグ・パイレーツと契約を結びプロ入りを果たした[4]。同年は、傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・パイレーツでプレーした[6]。この年は、6試合に登板し、1勝0負、防御率1.42、4奪三振を記録した[7][8]

2010年も、傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグでプレーした[6]。この年は、9試合に登板し、0勝0負1セーブ、防御率8.59、7奪三振を記録した[7][8]。また、5月24日にはパテルと共にホワイトハウスを訪問しバラク・オバマ大統領と対談した[9]。オフの12月に、解雇された[10]。その後、現役引退した[6]

引退後[編集]

2011年は、母国の首都デリーで野球指導を行った[要出典]

選手としての特徴[編集]

映画化[編集]

2014年に、ウォルト・ディズニー・スタジオによってシンとパテルがプロ野球選手に至までの出来事が「ミリオンダラー・アーム」として映画化された[11]

脚注[編集]

  1. ^ Lucknow to Hollywood openthemagazine 英語 27 July 2013
  2. ^ Lucknow to Hollywood openthemagazine 英語 27 July 2013
  3. ^ a b 'Million Dollar Arm' pitcher Rinku Singh has impact beyond baseball espn.com 英語 Nov 9, 2016
  4. ^ a b c Indian pitchers are first for America's national pastime CNN 英語 (2008年12月11日) 2015年5月29日閲覧
  5. ^ Indian hurlers' inking opens new market MLB.com 英語 (2008年11月25日) 2015年5月29日閲覧
  6. ^ a b c milb.com
  7. ^ a b Dinesh Patel stats MiLB.com 英語
  8. ^ a b Baseball Reference (Minors)
  9. ^ Uttar Pradesh baseballers Rinku and Dinesh meet Obama, Ronaldinho The Times of India 英語 (2010年5月28日) 2015年5月29日閲覧
  10. ^ Pirates release pitcher Dinesh Patel ESPN 英語 (2010年12月3日) 2015年5月29日閲覧
  11. ^ Disney's "Millions Dollar Arm" Begins Producsion (Press release)”. ウォルト・ディズニー・スタジオ (2013年5月30日). 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]