ディッケ・ベルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディッケ・ベルタ
Dicke Bertha.Big Bertha.jpg
One of the first Big Berthas being readied for firing
種類 大砲
原開発国 ドイツの旗 ドイツ帝国
運用史
配備先 ドイツの旗 ドイツ帝国
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
開発史
製造業者 クルップ
諸元
重量 43トン
全長 5.88 m

砲弾 HE; 820 kg
口径 420 mm
仰角 +40° - +75°
旋回角
初速 400 m/s
有効射程 12.5 km
有効射程 12.5 km
Model of the road-mobile "M-Gerät" version. The model can be seen at the Paris Army Museum
Gamma-Gerät - the railway-transported, concrete-emplaced predecessor to the Big Bertha

ディッケ・ベルタ(Dicke Bertha, 太っちょベルタ大ベルタ)は、ドイツクルップ社が設計・製造した、口径42cmの巨大榴弾砲である。第一次世界大戦においてドイツ帝国陸軍が使用した。ベルタとはクルップ社社長夫人ベルタ・クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハの名である。一般的には英米軍が呼んだ英語読みのビッグ・バーサの名で知られる(ビッグ・バーサは必ずしも42cm榴弾砲を指すわけではなく、ドイツの巨大砲一般に付けられたあだ名で、パリ砲もビッグ・バーサと呼ばれていた)。

概要[編集]

開発は旅順攻囲戦において日本陸軍が使用した28cm榴弾砲の威力に触発されて行われたため、設計は日露戦争中の1904年に始まった。もともと要塞砲(沿岸砲)であった28cm砲には移動能力がなかったが、本砲はそれが付与されている。本砲は820kgの砲弾を仰角80°で15km飛ばすことができた。

完成・納入は1914年であり、大戦初期のリエージュの戦いにおける初陣でリエージュ市降伏後も抗戦を続けるリエージュ市周囲の保塁を破壊したほか、ヴェルダンの戦いなどに投入されている。そこでいくつかの堡塁を凄まじい威力の砲撃により破壊した。

本砲は堡塁を破壊するという点においては優れた能力を発揮したが、問題がないわけではなかった。自走砲が普及する以前の大砲であったため、移動能力があるとはいえ限定的であるため容易に移動することができなかった。したがって位置が特定されると敵方の軽量な野砲により破壊されることが多く、ヴェルダンの戦いでも多くが壊されてしまった。

巨大で高価なこの兵器は次々と製造して投入できるような代物ではなかったため、ドイツ軍は破壊されてから要塞攻略のための火力を欠いてしまった。

本砲の設計はカール自走臼砲に引き継がれている。

関連項目[編集]