ディズニー エピックミッキー2:二つの力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディズニー エピックミッキー2:二つの力
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 WiiWii UPS3(海外のみ)、Xbox 360(海外のみ)、ひかりTVゲーム
開発元 [Wii]en:Junction Point Studios
[Wii U]en:Heavy Iron Studios
[PS3][360]en:Blitz Games [1]
発売元 ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
日本の旗スパイク・チュンソフト[Wii]、[Wii U]
日本の旗NTTぷららアイキャスト[ひかりTVゲーム]
人数 1人(シングル)、2人以上(マルチプレイヤー)
発売日 アメリカ合衆国の旗 2012年11月18日
日本の旗 2013年9月26日[注 1]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Gamebryo
テンプレートを表示

ディズニー エピックミッキー2:二つの力』(ディズニー エピックミッキー・ツー:ふたつのちから、Epic Mickey 2: The Power of Two)は、ディズニー・インタラクティブ・スタジオ開発のコンピュータゲーム。日本ではスパイク・チュンソフトより2013年9月26日発売[2]

前作のWiiに加え、Wii UひかりTVゲーム(海外ではPS3Xbox 360にも[3])にも対応。また、ニンテンドー3DS用ソフト『ディズニー エピックミッキー:ミッキーのふしぎな冒険』(en:Epic Mickey: Power of Illusion)と同時発売[4]

概要[編集]

2010年(日本では2011年)に発売された『ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』の続編に当たるソフト。前作のミッキーに加え、前作ではサポート役であったオズワルドもマルチプレイ時にプレイヤーとして操作可能。ミッキーのシステムは前作と同様で、オズワルドは電気攻撃をしたり、長い耳をプロペラのように回して空を飛ぶ。また、その際ミッキーは足に掴まる事が出来る。ソロプレイ時は前作同様のサポート役として活躍。前作と違いソロプレイでもミッキーの冒険に同行する。また、前作と違い、キャラクターは人語を直接話すようになった他、ペイントとイレーサーのゲージのデザインも変わっている。

トレーラームービーでは、『ファンタジア』の世界観を模したステージがある事が確認出来る。前作から引き続きオズタウンも冒険の舞台として登場するが、様々な部分が変更されている。また、二人で協力して回す仕掛けもある。

ストーリー[編集]

前作でミッキーマウスとオズワルドの活躍により、シャドー・ブロットは倒され、ウェイスト・ランドは復興が進んでいた。だが突然町が荒れ始め、さらにマッド・ドクターが戻ってきた。危機を感じたオルテンシアとグレムリン・ガスはミッキーマウスを呼ぶことにした。ミッキーマウスはイェン・シッドの所から魔法の筆を持ち出し、再びウェイスト・ランドに向かったのであった。

登場人物[編集]

ミッキーマウス
オズワルド
前作での一件以来ミッキーマウスの友人になった。
グレムリン・ガス
ウェイスト・ランドに暮らすグレムリン達のリーダーで、右のツノにささった帽子が特徴。真面目で物知りで、仲間から厚く信頼されている。
ゲーム内ではミッキーらの案内役を務める。
マッド・ドクター
ミッキーのお化け屋敷』に登場した狂科学者で、前作『ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』にも登場した。
「懲りたので罪滅ぼしをしたい」と言っている。
ロボット・デイジー
前作にも出てきたデイジーのロボット版、彼女のパーツが元通りになってはいるが、ミッキーが助けたのかは不明。
今作ではニュースキャスターになっていて、ミッキーとオズワルドの手助けをしてくれる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ひかりTVゲームのみ2015年3月31日配信。2016年10月31日配信終了。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]