ディズニー エピックミッキー2:二つの力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディズニー エピックミッキー2:二つの力
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 WiiWii UPS3(海外のみ)、Xbox 360(海外のみ)、PS Vita(海外のみ)、Windows PC(海外のみ)、ひかりTVゲーム
開発元 [Wii]en:Junction Point Studios
[Wii U]en:Heavy Iron Studios
[PS3][360]en:Blitz Games [1]
発売元 ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
日本の旗スパイク・チュンソフト[Wii]、[Wii U]
日本の旗NTTぷららアイキャスト[ひかりTVゲーム]
人数 1人(シングル)、2人以上(マルチプレイヤー)
発売日 アメリカ合衆国の旗 2012年11月18日
日本の旗 2013年9月26日[注 1]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Gamebryo
テンプレートを表示

ディズニー エピックミッキー2:二つの力』(ディズニー エピックミッキー・ツー:ふたつのちから、Epic Mickey 2: The Power of Two)は、ディズニー・インタラクティブ・スタジオ開発のコンピュータゲーム。日本ではスパイク・チュンソフトより2013年9月26日発売[2]

前作のWiiに加え、Wii UひかりTVゲームにも対応(海外ではWii、Wii Uに加え、PS3Xbox 360でも発売され[3]、後にPlayStation VitaMicrosoft Windowsでも発売された)。また、ニンテンドー3DS用ソフト『ディズニー エピックミッキー:ミッキーのふしぎな冒険』(en:Epic Mickey: Power of Illusion)と同時発売[4]

概要[編集]

2010年(日本では2011年)に発売された『ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』の続編に当たるソフト。前作のミッキーに加え、前作ではサポート役であったオズワルドもマルチプレイ時にプレイヤーとして操作可能。ミッキーのシステムは前作と同様で、オズワルドは電気攻撃をしたり、長い耳をプロペラのように回して空を飛ぶ。また、その際ミッキーは足に掴まる事が出来る。ソロプレイ時は前作同様のサポート役として活躍。前作と違いソロプレイでもミッキーの冒険に同行する。また、前作と違い、キャラクターに声がつくようになった他、ペイントとイレーサーのゲージのデザインも変わっている。

トレーラームービーでは、『ファンタジア』の世界観を模したステージがある事が確認出来る。前作から引き続きオズタウンも冒険の舞台として登場するが、様々な部分が変更されている。また、二人で協力して回す仕掛けもある。

ストーリー[編集]

前作でミッキーマウスとオズワルドの活躍により、シャドー・ブロットは倒され、ウェイスト・ランドは復興が進んでいた。だが突然町が荒れ始め、さらにマッド・ドクターが戻ってきた。危機を感じたオルテンシアとグレムリン・ガスはミッキーマウスを呼ぶことにした。ミッキーマウスはイェン・シッドの所から魔法の筆を持ち出し、再びウェイスト・ランドに向かったのであった。

登場人物[編集]

ミッキーマウス
今作の主人公。今回はある晩、自室で就寝中にテレビモニターを通じてガスが助けを求めた事がきっかけでウェイストランドに帰って来た。
前作ではブロットに無理矢理引き込まれた為か体がやや溶けていたが、今作では溶けていない。また、スローで歩行する際、独特の足音がしなくなった。
オズワルド
ウェイストランドを取り仕切るウサギ。前作での一件以来ミッキーマウスの友人になった。
今作ではミッキーと共にプレイアブルキャラとなっており、リモコンから電気を発して敵を怯ませられる他、機械系の敵なら倒す事も可能。また、耳を回して飛ぶことや腕を投げて遠くのものを取ることもできる。
グレムリン・ガス
ウェイスト・ランドに暮らすグレムリン達のリーダーで、右のツノにささった帽子が特徴。真面目で物知りで、仲間から厚く信頼されている。
ゲーム内ではミッキーらの案内役を務める。
マッド・ドクター
ミッキーのお化け屋敷』に登場した狂科学者で、前作『ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』にも登場した。今作では歌いながら喋るなど前作に比べて陽気な性格になっている。
「前回の件の罪滅ぼしをしたい」と言ってオズワルドらの所に現れた。
ロボット・デイジー
前作にも出てきたデイジーのロボット版、彼女のパーツが元通りになってはいるが、ミッキーが助けたのかは不明。
今作ではニュースキャスターになっていて、ミッキーとオズワルドの手助けをしてくれる。                                          
グレムリン・プレスコット
オズタウンのギャグファクトリーで働いていたグレムリン。今作では悪者になっている。
ほかのグレムリンと違い、ゴーグルやいろいろな機械的なものを着ている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ひかりTVゲームのみ2015年3月31日配信。2016年10月31日配信終了。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]