ディス/コネクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディス/コネクト
Disconnect
監督 ヘンリー=アレックス・ルビン
脚本 アンドリュー・スターン
製作 ミッキー・リデル
ジェニファー・モンロー
ウィリアム・ホーバーグ英語版
製作総指揮 マーク・フォースター
ブラッド・シンプソン
スコット・ファーガソン
出演者 ジェイソン・ベイトマン
ホープ・デイヴィス
フランク・グリロ
ポーラ・パットン
アンドレア・ライズブロー
アレクサンダー・スカルスガルド
音楽 マックス・リヒター英語版
撮影 ケン・セング
編集 リー・パーシー
ケヴィン・テント
製作会社 LD Entertainment
Wonderful Films
配給 アメリカ合衆国の旗 LD Entertainment
日本の旗 クロックワークス
公開 2012年9月3日(ヴェネツィア
2012年9月11日(トロントアメリカ合衆国の旗 2013年4月12日
日本の旗 2014年5月24日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,436,900[1]
テンプレートを表示

ディス/コネクト』(Disconnect)は、2012年アメリカ合衆国のドラマ映画。

あらすじ[編集]

ベン・ボイド(ジョナ・ボボ)は、音楽好きの少年だ。彼には友人がいないが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを通じて、彼の楽曲に興味を持つジェシカと知り合う。何度もチャットして親密になったのち、彼は女性の求めに応じて裸の写真を送る。しかし、ジェシカを名乗っていた男子同級生のジェイソン・ディクソン(コリン・フォード)は、ベンの写真を学校中に広める。学校中の噂になっていることを知って絶望したベンは、自宅の部屋で自殺を図る。直後に姉のアビー(ヘイリー・ラム)が発見するが、病院に運び込まれたベンは全く意識を取り戻さない。

ベンの父親で弁護士のリッチ(ジェイソン・ベイトマン)は、ベンのSNSの相手がジェイソンであったことを突き止め、ジェイソンの家にやって来る。ジェイソンの父親であるマイク(フランク・グリロ)は、息子を守るため、リッチの前に立ちはだかる。

キャスト[編集]

発表[編集]

2012年9月3日、第69回ヴェネツィア国際映画祭にて上映され[2]、9月11日、第37回トロント国際映画祭にて上映された[3]

評価[編集]

Metacriticでは24件のレヴューで64点を獲得した[4]Rotten Tomatoesでは74件のレヴューで69%を獲得した[5]

脚注[編集]

  1. ^ Disconnect (2013)”. Box Office Mojo. 2015年6月9日閲覧。
  2. ^ Lodge, Guy (2012年9月3日). “Review: ‘Disconnect’”. Variety. 2014年9月20日閲覧。
  3. ^ Shackleton, kay (2012年9月12日). “'Disconnect' premieres at Toronto Film Festival”. Examiner. 2014年9月20日閲覧。
  4. ^ Disconnect”. Metacritic. 2014年9月20日閲覧。
  5. ^ Disconnect”. Rotten Tomatoes. 2014年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]