ディスペンパックジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ディスペンパックジャパン
DISPEN PAK JAPAN CO., INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
250-0112
神奈川県南足柄市和田河原1255
設立 1986年10月1日
業種 食料品
法人番号 9021001035545 ウィキデータを編集
事業内容 調味料、農畜水産加工食品の製造販売および小分け包装加工
代表者 代表取締役社長 島田洋一
資本金 1億4000万円
純利益 1億9360万5000円
(2021年11月30日時点)[1]
総資産 56億4842万3000円
(2021年11月30日時点)[1]
決算期 11月30日
主要株主
  • キユーピー株式会社 51.0 %
  • 三菱商事株式会社 39.0 %
  • 三菱商事パッケージング株式会社 10.0 %
外部リンク www.dpj.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社ディスペンパックジャパンは、神奈川県南足柄市に本社を置く小分包装加工メーカー。株式はキユーピーが51 %、三菱商事が39 %、三菱商事パッケージングが10 %を保有している。

沿革[編集]

ディスペンパック[編集]

概要[編集]

ディスペンパック(現:パキッテ)
裏面(ツインタイプ・対称型)
使用例(ツインタイプ)
  • 「ディスペンサーパック」(disepenSRpak)[2]は1983年にアメリカのサンフォード・レッドモンド社によって考案された[3][4]。その後日本における独占実施権を取得した三菱商事等が設立したディスペンパックジャパン社によって、二液タイプが1989年に考案された(実用新案)[3]
  • 上ぶたに極薄の切れ目と突起をつくり、これを軸に片手で容器を二つに折れば中身が搾り出せる。混ざり合って出るわけではなく別々に出てくる。
  • 2019年9月、名称を「パキッテ (PAKITTE)」に変更した[5]

特徴[編集]

  • 片手で簡単に開けられ、中身に触れず手を汚すことが無い。
  • 容器に残らないため、定量性が高い。

種類[編集]

  • シングルタイプ(中身が一種類)
    通常型とシングルH型がある。
  • ツインタイプ(中身が二種類)
    対称型 (1:1) と非対称型 (1:2) とF型 (2:8) がある。

事業所[編集]

本社・南足柄工場
神奈川県南足柄市和田河原字向河原1255
渋谷事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-11
富士吉田工場
山梨県富士吉田市新屋1660-1

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社ディスペンパックジャパン 第37期決算公告
  2. ^ ディスペンサーに発明者イニシャル (Sanford Redmond) を掛けたもの
  3. ^ a b ディスペンパックジャパン「ディスペンパックヒストリー」『ディスペンパックとは?』2016年5月10日閲覧
  4. ^ Redmond, Sanford、Mainberger, Walter A.、1985年1月15日『Dispenser package having fault line protrusion』米国特許4493574番、1982年11月18日出願
  5. ^ 『パキッテ』誕生!!|CSRブログ|キユーピー”. www.kewpie.com. 2019年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]