ディサルモニア・ムンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディサルモニア・ムンディ
Disarmonia Mundi
出身地 イタリアの旗 イタリア ピエモンテ州
トリノ県 アヴィリアーナ
ジャンル メロディックデスメタル[1]
プログレッシブ・メタル[1]
デスメタル[1]
活動期間 1999年 -
レーベル セルフ
スカーレット・レコード
コロナー・レコード
サウンドホリック
キングレコード
公式サイト disarmoniamundi.com
メンバー エットレ・リゴッティ (ギタードラムクリーンボーカルベースキーボード)
クラウディオ・ラヴィナール (ボーカル)
旧メンバー ベニー・ビアンコ・キント (ボーカル)
ビョーン・ストリッド (ボーカル)
シモーネ・パレルミティ (ギター)
フェデリコ・カリエーロ (ギター)
ミルコ・アンドレイス (ベース)

ディサルモニア・ムンディDisarmonia Mundi)は、イタリアメロディックデスメタルバンドである。最初は普通のバンドであったが、メンバーの脱退により、現在は楽器パートをすべてエットレ・リゴッティが担っている。

略歴[編集]

1999年[注釈 1]に、イタリアアヴィリアーナエットレ・リゴッティ (Ds)を中心にベニー・ビアンコ・キント (Vo)、シモーネ・パレルミティ (Gu)、フェデリコ・カリエーロ (Gu)、ミルコ・アンドレイス (Ba)で結成される。結成後間もなく1stアルバム『Nebularium』を製作し、イタリアのレーベル・セルフ及びロシアのレーベル・CDマキシマムから2001年にリリースした。同アルバムのレコーディング前後にフェデリコ・カリエーロが脱退しており、アルバムにはセッション参加の形となっている。結成当初はドラムスを担当していたエットレ・リゴッティは、同アルバムではドラムスに加えてギター、クリーン・ボーカル、キーボードを担当している。1stアルバムリリース後、エットレ・リゴッティとミルコ・アンドレイス以外のメンバーが脱退しバンド活動が停止してしまう。

活動停止後、新ボーカリストとしてクラウディオ・ラヴィナールが加入する。その後、インターネットを通じて知り合ったソイルワークのボーカリスト、ビョーン・スピード・ストリッドもボーカルとして加入し4人体制になる。こうして、専任ボーカリスト2名と楽器奏者2名の変則体制となり、ベース以外の楽器をエットレ・リゴッティが担うことになる[注釈 2]。この4人体制で、2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』をスカーレット・レコードからリリースする。また、このアルバムがサウンドホリックからリリースされ日本デビューした。

2ndアルバムリリース後バンドメンバーを集め、ライブ活動を行うことが出来るようになる。この陣容は『Red Clouds』(『Fragments Of D-Generation』収録)のPVで確認できる。同PVでは、2ndアルバムに参加した4名に加えて、クリーン・ボーカリスト、ギタリストドラマーの3名が加入していることが確認でき、専任ボーカリスト3人体制で計7人という陣容であった。同PVでは、エットレ・リゴッティは、ギターを担当していた。しかし、その体制は長続きせず、結局2ndアルバムのメンバーから、更にミルコ・アンドレイスが脱退した形となり、メンバーが3名のみとなる。結局、メンバーを補充するのではなく、ベースもエットレ・リゴッティが兼任することになり、全楽器パートをエットレ・リゴッティが担うこととなる。3人体制で2006年に、3rdアルバム『Mind Tricks』をリリースした。

3rdアルバムリリース時、エットレ・リゴッティは、メンバー補充やセッションメンバーによって、ライブ活動を行う意思を見せていた。しかし、それは実現することなく、エットレ・リゴッティはプロデューサー業に専念することとなった。その後、2009年に1stアルバムに未発表音源を新たにレコーディングしたEPをセットにしたコンピレーションアルバム『Nebularium/the Restless Memoirs』をリリース。新録音のEPにはビョーン・スピード・ストリッドは参加せず、これ以降ゲスト参加となる。また、同年に4thアルバム『The Isolation Game』をリリース。

2011年リリースの、スタジオジブリ トリビュート・アルバム、『Princess Ghibli』の5曲に参加。エットレ・リゴッティはプロデューサーも務めた。翌2012年リリースの第二弾『Princess Ghibli II』にも4曲(リミックス含)に参加し、エットレは引き続きプロデューサーを務めた。

2015年に、5thアルバム『Cold Inferno』をリリース。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

結成時の担当楽器は、ドラムである。また、ベースは3rdアルバム以降で担う。
  • クラウディオ・ラヴィナール (Claudio Ravinale) - ボーカル・作詞
2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』から加入。

旧メンバー[編集]

  • ベニー・ビアンコ・キント (Benny Bianco Chinto) - ボーカル
1stアルバム『Nebularium』レコーディング時は正式メンバーだったが、その後脱退。脱退後の2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』、3rdアルバム『Mind Tricks』にバックボーカルとしてゲスト参加している。
  • ビョーン・スピード・ストリッド (Björn "Speed" Strid) - ボーカル
デスヴォイス及びクリーンボーカルによるボーカルを担当。ソイルワークテラー2000でも活動。ニュークリア・ブラスト・オールスターズに参加した。2ndアルバムから参加。2nd、3rdアルバムまでは正式メンバー扱いだったが、以降はゲスト扱いとなった。
  • シモーネ・パレルミティ (Simone Palermiti) - ギター
1stアルバム『Nebularium』に参加。
  • フェデリコ・カリエーロ (Federico Cagliero) - ギター
1stアルバム『Nebularium』の6曲に参加。また、未発表音源EP『the Restless Memoirs』の1曲の作曲にエットレとの共作で参加。
  • ミルコ・アンドレイス (Mirco Andreis) - ベース
1stアルバム『Nebularium』、2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』に参加。

ゲストメンバー[編集]

2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』に参加。
  • サマンサ・アバタンジェロ (Samantha Abbatangelo) - バックボーカル
3rdアルバム『Mind Tricks』に参加。
  • クラウディオ・ストラズロ (Claudio Strazzullo) - ギターソロ
3rdアルバム『Mind Tricks』の6曲に参加。また、未発表音源EP『the Restless Memoirs』の2曲の作曲にエットレとの共作で参加。
  • ビョーン・スピード・ストリッド (Björn "Speed" Strid) - ボーカル
デスヴォイス及びクリーンボーカルによるボーカルを担当。元正式メンバーで、4thアルバムからはゲスト参加(セッション)の扱いになった。

ディスコグラフィ[編集]

フル・アルバム[編集]

  • Nebularium (2002年)
  • Fragments Of D-Generation (2004年)
  • Mind Tricks (2006年)
11トラック目でパンテラの曲「Mouth for War」をカバーしている。
  • The Isolation Game (2009年)
  • Cold Inferno (2015年)
11トラック目でアイアン・メイデンの曲「The Loneliness Of The Long Distance Runner」をカバーしている。(クリスチャン・アルヴェスタム がゲスト参加)

コンピレーション[編集]

  • Nebularium/the Restless Memoirs (2009年)
1stアルバムのリマスターと、未発表音源を新たにレコーディングしたEPをセットにしたコンピレーションアルバム。
  • Mind Tricks (Extended Version) (2011年)
3rdアルバムのジャケットを変更し、ボーナストラックを追加した再発アルバム。ボーナストラックには、クリスチャン・アルヴェスタム (ソリューション .45、元スカー・シンメトリー)が参加している。

参加作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1stアルバム『Nebularium』のレコーディングが1999年に行われている。
  2. ^ ただし、エットレはクリーン・ボーカリストも兼任している。

参照元[編集]

  1. ^ a b c Disarmonia Mundi reviews, music, news - sputnikmusic・2015年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]