ディグ・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディグ・イット
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
リリース 1970年5月8日
録音 アップル・スタジオ
1969年1月24日1月26日
ジャンル ロック
時間 0分50秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
リチャード・スターキー
ジョージ・ハリスン
プロデュース フィル・スペクター

レット・イット・ビー 収録曲
A面
  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニヴァース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
B面
  1. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  2. ワン・アフター・909
  3. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  4. フォー・ユー・ブルー
  5. ゲット・バック

ディグ・イット (Dig it) は、1970年に発表されたザ・ビートルズの最後のアルバム『レット・イット・ビー』に収録されたジャム・セッション・ナンバーである。

解説[編集]

作詞・作曲はメンバー全員の共同クレジット(レノン&マッカートニー&ハリスン&スターキー)である。4人名義としては初の歌詞入りの公式発表曲。ゲット・バック・セッションでレコーディングされた。原題はCan You Dig It?といいかなり長いジャム・セッションであった。プロデューサーのフィル・スペクターはセッション中のごく一部、ジョンが歌う部分のみをアルバム収録した。 アルバム収録部分は、ジョンが「ライク・ア・ローリング・ストーン(ボブ・ディランの曲名)」連呼中にフェード・インし、FBICIABBCB.B.キング、歌手のドリス・デイマット・バスビー(当時の英国プロサッカークラブマンチェスター・ユナイテッドFC監督)と歌い、「Dig it!」を連呼する部分でフェード・アウトする。最後に"That was 'Can You Dig It?' by Georgie Wood, and now we'd like to do 'Hark, the Angels Come.'" (“ジョージ・ウッドの「キャン・ユー・ディグ・イット?」でした。次は『ほら、天使がやってきた』という曲をやります。”)というジョン・レノンの裏声による語りが繋げられた。

楽器はビリー・プレストンエレクトリックピアノリンゴ・スタードラムポール・マッカートニーピアノ、ジョージがギターフェンダー・ストラトキャスター)、ジョンが6弦ベース・ボーカルを担当している。レット・イット・ビー (映画)ではジョージ・マーティンシェイカーを振っている姿が見える。

ちなみにレット・イット・ビー・ネイキッドボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』で聴かれる「Dig It」は、発表テイクの別テイクであり、そこでは演奏の後で、アルバムに収録されることになるジョンの声が収録されている。