ディグローバリゼーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディグローバリゼーション(英:deglobalization)とは、グローバリゼーションを脱する主張や現象である。脱グローバリゼーションともいう。

狭義では、2008年9月15日のリーマン・ブラザーズ破綻に端を発する金融危機の拡大によって、世界的に貿易や資本移動が停滞する現象のこと。

関連項目[編集]