Ϝ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディガンマから転送)
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Digamma uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη エータ Ττ タウ
Θθ テータ Υυ ユプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ キー
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Ϝ, ϝ(ディガンマ、δίγαμμα、またはウアウ[1])は、使われなくなったギリシャ文字のひとつである。セム諸語の文字で /w/音価を示した「ワウ」に由来する。数価[2]6 で、数字として用いられる場合、現在ではϚスティグマ = シグマタウの合字)を使って書かれる。

N-型のディガンマ

「ワウ」からつくられたギリシャ文字のうち、母音字が Υ(ウプシロン)/u/ で、子音字の「ϝ」(ディガンマ)/w/ の方は、上部を右に曲げ、角張らせて書き分けたものである。ラテン文字の F の文字のもとになった文字であるが、音は /w//v/エトルリア語)→/f/ラテン語)のように変化している。

ディガンマの名称は、2 つ(ディ)の Γ(ガンマ)を縦に重ねたような形であるからである。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ϝ U+03DC - Ϝ
Ϝ
ϝ U+03DD - ϝ
ϝ
古期
Ͷ U+0376 - Ͷ
Ͷ
ͷ U+0377 - ͷ
ͷ
N-ディガンマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平凡社「世界大百科事典」より。
  2. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。