ディオニソスの祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディオニソスの祭り(ディオニソスのまつり、: Les Dionysiaques)作品62-1 は、フランス作曲家フローラン・シュミットが作曲した吹奏楽曲20世紀前半に作曲された吹奏楽曲としては、グスターヴ・ホルストの「吹奏楽のための第1組曲」、アルノルト・シェーンベルクの「主題と変奏」などと並ぶと評されている。

概要[編集]

ディオニソス(ディオニューソス・デオニュソス)」とは、ギリシャ神話における豊穣・酒・酩酊をつかさどるのこと。ただし、この曲で描かれているディオニソスは、ギリシャ神話の祖先にあたるエーゲ文明における、狂乱と陶酔を象徴する神というイメージの方がより近い。古代ギリシャで行われていた「ディオニューシア祭」とは無関係。

この作品は、特にフランスで盛んであった、吹奏楽による野外演奏を意図して作曲された。曲は1913年には完成していたが、初演は大きく遅れ、1925年6月に、パリリュクサンブール公園で、ギヨーム・バレー(Guillaume Balay)指揮のギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団によって行われた。

曲は大きく緩-急-緩-急の4部からなっている。冒頭、低音金管楽器によるおどろおどろしい旋律から始まり、その後に続く緩の部分には、譜面上に調性を示す記号がなく、旋律からは古代の怪しげな祭典を思わせる雰囲気が漂っている。3拍子の速いテンポで演奏される主部は、次第に群集が熱狂的な踊りの中に身を委ねるかのような、軽快さと荒々しさが同居した曲想が展開される。

冒頭部分に象徴されるように、低音金管楽器に高度な表現力が要求されるほか、全体を通じて木管楽器中心にソリスティックな速いパッセージがたびたび登場する。各パートの入りのタイミングの噛み合わせも難しく、要求される音域の幅広さとあいまって演奏の難易度はきわめて高い。

日本では、吹奏楽コンクールの自由曲として演奏される機会が多い。ただし、演奏人数(後述)の制約に加え、コンクールという性質上どうしても「高度な演奏テクニック」という面が強調されがちなため、本来の作曲意図とは大きく異なる演奏になっているものが多い[要出典]

編成[編集]

この作品の最大の特徴として、サクソルン属の金管楽器を大量に採用した巨大な編成が挙げられる。とりわけ、総勢12名にも及ぶバスおよびコントラバス・サクソルンは圧巻である。スコアに記載された編成で演奏しようとすると、最低でも約88名もの演奏者が必要となる(オプションパートの扱いなどで若干増減する)。また、スコアでは可能であれば下記編成表におけるフルートからホルンまでの大半(B♭クラリネットを除く)と、全てのフリューゲルホルンパートを倍管で演奏するよう指示があり、それを実行すると120名を超える。

現在ではほとんど使用されないコントラバスサリュソフォーンや、指定数のサクソルン属の楽器を集めるのは難しく、現在この曲をオリジナル通りに演奏できる団体は、単独としてはほとんど存在しない。このため、現在一般的な編成で演奏可能なように書き直された版も複数存在する。なお、フランスの伝統的な吹奏楽編成の書法に則って、テュッティのクラリネットが2パート(アメリカやその影響を受けた日本、オランダでは3パートが主流)になっている。

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. 2 Crnt. 2, Tp. 2, Flh.E♭* + 4 Cb. 2*
Ob. 2, C.A. 1* Hr. 2, E♭Alt. 3 Timp. 3台
Fg. 2* Tbn. 3, Bass スネアドラム, ガラガラ, タンブリン, カスタネット, トライアングル, タムタム, シンバル, 大太鼓, グロッケンシュピール*, シロフォン*
Cl. Solo 2 + 2, E♭ 2, Bass 2*, C-Bass 1* Bar. 2, Eup. 6 ("Basse")
Sax. Alt. 2 Ten. 2 Bar. 2 Bass 1* Tub. 6 "Contrebasse"
その他 コントラバスサリュソフォーン*, チェレスタ*

(*はオプションで省略可)

通常の金管楽器とサクソルン属とを明確に区分した編成(とオーケストレーション)は独特の効果を与えており、特に野外演奏では二つのブラスセクションが絶妙に交じり合って、豊かな色彩感を生み出している(スコア上では、通常の金管楽器群の下に打楽器群が置かれ、さらにその下にサクソルン属が続く)。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]