ディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディオ (DIO)は、ロニー・ジェイムス・ディオ率いるヘヴィメタルバンド。アルバム『情念の炎~ホーリィ・ダイヴァー』(1983年)でデビュー。 ロニー・ジェイムス・ディオがレインボーブラック・サバスなどで培ってきた幻想的な詞の世界と最先端のヘヴィメタル様式を巧みに組み合わせ、世界中で人気を博した。現在でもクラシック・ヘヴィメタルが衰えていないヨーロッパでは、未だ強固なファン層を維持し続けている。

1991年、ロニーがブラック・サバスに復帰し活動休止。1993年、ロニーがブラック・サバスを脱退し活動再開。

2006年10月には日本のヘヴィメタル・フェスティバル「LOUD PARK 2006」へ出演した。

2008年には5/27~6/21まで、ヨーロッパ、北欧に地域を限定したミニツアーを行った。その後ロニーがヘヴン・アンド・ヘルに専念するため活動休止。

2010年5月16日、ロニーが胃癌で逝去。バンドはそのまま活動再開することなく、実質上解散している。

ラインナップ[編集]

1982~1983[編集]

1983~1985[編集]

1986~1989[編集]

1990[編集]

1993~1996[編集]

  • ロニー・ジェイムス・ディオ
  • トレーシー・G(ギター)
  • ジェフ・ピルソン(ベース、元ドッケン)>> ルディ・サーゾ(1994年加入)
  • ヴィニー・アピス (ドラムス)
  • スコット・ウォーレン(キーボード)1994年加入

2000[編集]

  • ロニー・ジェイムス・ディオ
  • ジミー・ベイン >> ルディ・サーゾ
  • クレイグ・ゴールディ
  • サイモン・ライト
  • スコット・ウォーレン
  • ダグ・アルドリッチ 2002年発表の"Killing the Dragon"のレコーディング及びEvil or Divine tourに参加。

家族の事情でクレイグがDIOを離れていた期間に活躍をするものの、ホワイトスネイクへ加入しDIOを離れる。

2004~2010[編集]

  • ロニー・ジェイムス・ディオ
  • ジェフ・ピルソン
  • クレイグ・ゴールディ
  • サイモン・ライト
  • スコット・ウォーレン

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

ライブアルバム[編集]

ベスト、コンピレーションアルバム[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]