ディエゴ・マラドーナ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マラドーナ・シナグラ・ジュニオル Football pictogram.svg
Maradona junior.jpg
名前
本名 ディエゴ・アルマンド・マラドーナ・シナグラ・ジュニオル
ラテン文字 Diego Armando Maradona Sinagra Junior
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1986-09-20) 1986年9月20日(31歳)
出身地 ナポリ
身長 166cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
2001 イタリアの旗 イタリアU-17 1 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ・シナグラ・ジュニオルDiego Armando Maradona Sinagra Junior1986年9月20日 - )は、イタリアナポリ出身のサッカー選手及びビーチサッカー選手。国籍はイタリア。

アルゼンチンが生んだサッカーの天才・ディエゴ・マラドーナの子。 マラドーナがナポリ在籍時に愛人のクリスティアーナ・シナグラとの間にもうけられた。 マラドーナ本人は認知していないが、裁判所は彼の隠し子養育費の支払い義務と、マラドーナ姓を名乗ることを認めることを命じた。 ジュニアが16歳のとき、イタリアで開かれたチャリティーゴルフ大会に出場していた父・マラドーナと再会し、40分間父子二人きりで話した。会話の内容は父子以外誰も知らず、父子とも明らかにしていない。

マラドーナ・シナグラ・ジュニオルは1997年の11歳の時にナポリのジョヴァニッシミ(クラブ下部組織)に所属し、2001年にはU-17イタリア代表にも選ばれた。

2005年にEccellenza(セリエE)のエミリア・ロマーニャ州に所属するチェルビアでキャリアをスタートさせる。半年間の在籍だったがカンピオナートでチェルビアのセリエD昇格に貢献し、2006年1月にEccellenzaのカンパーニア州リーグのインテルナポリに移籍。

しかし出場機会に恵まれず2007年2月に同じカンパーニア州リーグに登録していたクアルトに自身の活躍を願って移籍した。マラドーナ・シナグラJrこそ1ゴールだったが、セリエD昇格を賭けたプレイオフまで順位を上げた功績は大きかった。そして2007年12月からセリエDのヴェナフロでプレーし、2008年1月21日のオリンピア・アニョネーゼ戦で40メートルのロングシュートを叩き込みこれが移籍後初ゴールとなった。

その後はビーチサッカーに専念していたのもあり、2008年12月にボーイズ・カイヴァネーゼやクアルトに復帰するも以前のような活躍は見せていない。

ビーチサッカーでは、ビーチサッカーワールドカップのイタリア代表に選出された。2009年夏のビーチサッカーワールドカップでは、キャプテンとして出場し決勝まで導くもブラジル代表に敗れた。しかしその存在感と親譲りのテクニックは十分なほど見せつけた。

所属クラブ[編集]

  • 2005 イタリアの旗 チェルビア 11 (0)
  • 2006 イタリアの旗 インテルナポリ・カマドーラ 2 (0)
  • 2007 イタリアの旗 クアルト 9 (1)
  • 2007-2008 イタリアの旗 ヴェナフロ 14 (1)
  • 2008 イタリアの旗 ボーイズ・カイヴァネーゼ 1 (0)
  • 2008-2009 イタリアの旗 クアルト 2 (0)

代表歴[編集]

  • イタリア代表U-17 2001
    • 代表通算:1試合出場 0得点
  • ビーチサッカーイタリア代表 2008-
    • 代表通算:15試合出場 2得点
    • 第4回ビーチサッカーワールドカップ