ディアナ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沈没するフリゲート「ディアナ号」

ディアナ号(ディアナごう)は、船の名前。日本では、19世紀ロシア海軍の軍艦として2隻の船が比較的に知られている。ほかにも、19世紀のロシアの軍艦として「ディアナ (ロシアの防護巡洋艦)」(en, パルラーダと同型)が存在する。音写表記としてはジアーナとも。

ディアナ(スループ)[編集]

1807年建造のロシア軍艦ディアナ号は、スループに分類される帆船である。1807年に艦長ヴァーシリー・ゴローニン(Vasily Golovnin, Василий Михайлович Головнин)のもと世界一周航海を行う。

1811年、千島列島の測量航海を行っていたところ、国後島にて幕府役人にゴローニン艦長が逮捕される。報復として「ディアナ」は日本船「観世丸」を拿捕し、高田屋嘉兵衛を拘束した。1813年、ディアナ号副艦長ピョートル・リコルドロシア語版の尽力により、ゴローニンは解放された。(ゴローニン事件

ディアナ(フリゲート、1833年)[編集]

ディアナ(フリゲート、1853年)[編集]

富士市でモニュメントとして展示されている錨

1853年建造のロシア軍艦ディアナ号は、フリゲートに分類される帆船である。1854年(安政元年)、日露和親条約締結交渉のためエフィム・プチャーチンの乗艦として箱館大坂を経て下田港を訪れた際、同年11月4日12月23日)午前9時過頃に発生した安政東海地震による津波で大破した。修理のため下田港から戸田港に向かう途中強い西風に煽られ、宮島村(現、富士市)沖で沈没したと伝わる。沈没地点は不明であり、富士市は沈没したと伝わる田子の浦港付近を調査したが、発見には至らなかった[1]。その調査の様子は1988年(昭和63年)に『ディアナ号沈船調査報告書』としてまとめられている。

プチャーチンは、乗員の帰国のためアレクサンドル・モジャイスキーらの指導で日本の造船工により帆船「ヘダ号」を建造。日本の造船工に洋式造船技術が伝わるきっかけとなった。

2つあったの錨のうち、1つは1954年(昭和29年)に引き上げられ、沼津市立造船郷土資料博物館に関連資料とともに展示。もう1つは1976年(昭和51年)に引き上げられ、富士市富士市五貫島の三四軒屋緑道公園でプチャーチン像とともに展示されている[2]

ディアナ(防護巡洋艦、1897年)[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富士市、『富士市史』通史編(行政)昭和六十一年~平成二十八年 436・631頁、2018年
  2. ^ ロシア軍艦ディアナ号とその錨”. 富士市役所. 2016年1月5日閲覧。
  3. ^ [2011.09.10]157年前!駿河湾に沈んだ“幕末の黒船”大探索スペシャル!