テ・アタイランギカアフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テ・アタイランギカアフ
Te Arikinui Dame Te Atairangikaahu
マオリ女王
在位 1966年5月23日2006年8月15日
戴冠 1966年5月23日
全名 ピキ・パキ
出生 1931年7月23日
ワイカト地区Huntly、Waahi Marae
死去 (2006-08-15) 2006年8月15日(満75歳没)
ワイカト地区ナルアワヒア、トゥランガワエワエ
後継者 ツヘイティア・パキ
配偶者 Whatumoana Paki
父親 コロキ・マフタ
母親 Te Atairangikaahu Hērangi
テンプレートを表示

テ・アタイランギカアフ(Dame Te Atairangikaahu ONZ, DBE)は、マオリ女王(第6代マオリ王)。2006年に没するまでの40年間、マオリの首長としてもっとも長くその座にあった。

テ・アリキヌイ(Te Arikinui)の称号は「偉大な首長」を意味する。本来の名はピキ・マフタ(Princess Piki Mahuta)で、農場主である Whatumoana Paki との結婚後は、ピキ・パキ(Princess Piki Paki)と呼ばれた。

生涯[編集]

第5代マオリ王コロキ・マフタと Te Atairangikaahu Hērangi の一人娘として生まれた。1966年5月、父王コロキ・マフタの葬儀の際にマオリの諸族長に推戴され、マオリ初の女王となった。

マオリの首長には元首としての権力はないが、マオリの文化行事・スポーツ行事を熱心に支援した。また、先住民問題を含む国際的会議にも出席して、その存在を広く知られた。

1970年には、マオリ人としてはじめてデイム爵大英帝国勲章の第二位であるデイム・コマンダー爵)を得た。また、1987年にニュージーランド勲章が創設されると、その最初の受章者のひとりとなった。1973年にはワイカト大学から名誉博士号、1999年にはヴィクトリア大学から名誉法学博士号を贈られている。

1996年には来日している。

2006年8月、腎不全のためにトゥランガワエワエの女王公邸で没し、聖地であるタウピリ山に葬られた。彼女には7人の子があり、そのうちの長子ツヘイティア・パキが次のマオリ王に推戴された。

外部リンク[編集]