テンポスバスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社テンポスホールディングス
Tenpos Holdings, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2751
2002年12月10日上場
本社所在地 日本の旗 日本
144-0031
東京都大田区東蒲田2-30-17
設立 1997年3月31日
業種 卸売業
法人番号 5010801007634
代表者 代表取締役社長 森下篤史
資本金 5億912万5千円
発行済株式総数 11,913,600株
売上高 連結185億60百万円(2014年4月期)
経常利益 連結15億51百万円(2014年4月期)
純資産 連結8億49百万円(2014年4月期)
総資産 連結74億90百万円(2014年4月期)
決算期 4月30日
主要株主 株式会社テンポスバスターズ(社長:平野忍)有限会社あさしお(社長:森下篤史) 21.31%
森下篤史(創業者・グループ長取締役) 14.15%
福島工業株式会社 8.15%
(2014年4月30日現在)
主要子会社 株式会社テンポスフィナンシャルトラスト
株式会社テンポスドットコム
株式会社テンポス情報館
株式会社スタジオテンポス
株式会社テンポス店舗企画
株式会社あさくま
株式会社プロフィット・ラボラトリー
株式会社あさくまサクセッション
株式会社西岬魚類
キッチンテクノ株式会社
外部リンク http://www.tenpos.co.jp/
テンプレートを表示
株式会社テンポスバスターズ
TENPOS BUSTERS CO.,ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
144-0031
東京都大田区東蒲田2-30-17[1]
設立 2017年6月1日
(株式会社テンポスバスターズ分割準備会社)[1]
業種 卸売業
法人番号 5010801007634
事業内容 飲食店向け中古厨房機器の販売
代表者 代表取締役社長 平野忍[1]
資本金 1億円[1]
決算期 4月30日[1]
主要株主 株式会社テンポスホールディングス 100%[1]
外部リンク http://www.tenpos.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社テンポスバスターズ(英文社名:TENPOS BUSTERS Co.,Ltd.)は、厨房機器等を販売している企業であり、現在はジャスダック(銘柄コード2751)に上場している。社名の由来は「テンポス」=店舗の複数形と「バスターズ」=掃除人である。

概要[編集]

中古厨房機器のリサイクル販売・新品安売り販売、店舗設計・内装工事や店舗用不動産の紹介を手掛ける。子会社に飲食店事業のあさくまを持つ。社長は社内外からの公募制で、4年毎に半年間の「社長の椅子争奪バトル」が行なわれる[2]

2017年11月1日には持株会社制に移行した[1]

沿革[編集]

  • 1997年 - 森下篤史が脱サラ後、食器洗浄機メーカー経営を経て創業。
  • 1998年 - 飲食店向けに店舗設計及び着工の支援サービス開始。
  • 1999年 - 子供服・子供用品のリサイクル販売事業「株式会社てんぽす・きっず」創業。
  • 2000年 - 第10回(1999年)「ニュービジネス大賞」最優秀賞受賞[3]
  • 2001年 - 店舗用インテリア家具の輸入販売開始。
  • 2002年
    • ダイヤのリサイクル「テンポスダイヤ」銀座店をオープン。(2004年廃業)
    • ジャスダック上場。(証券コード:2751)
  • 2003年
    • ジャスダック市場信用銘柄に採用される。
    • 社長とエリアマネージャー7名で社長の椅子争奪バトル開始。
  • 2004年 - 森下篤史社長の再任決定[4]
  • 2005年
    • 定年制撤廃。
    • 厚生労働省・高年齢者雇用開発コンテストで部門別賞(能力開発部門)に入賞[5]
  • 2006年 - 「株式会社あさくま」と業務提携・資本提携を開始。
  • 2007年 - 第2回社長の椅子争奪バトル開始。
  • 2008年
    • 代表取締役に森下和光(篤史の弟)が就任。前社長の森下篤史はグループ長(取締役)に就任[6]
    • 業務用厨房機器の通販サイト「テンポスドットコム」オープン。
    • 飲食店の開業をサポートする「株式会社テンポス情報館」を設立。
  • 2010年 - フードビジネスプロデューサー事業部設立。
  • 2011年
    • 「株式会社ハマケン」100%株式譲渡。
    • 「株式会社テンポハンズ」連結子会社化。
    • 「株式会社あさくま」を子会社化。
  • 2012年
    • FC支援事業開始。
    • 第3回社長の椅子争奪バトル開始。
  • 2013年 - エリアマネージャー平野忍が代表取締役に就任。前社長の森下和光はグループ管理部長(取締役)に就任。
  • 2014年 - LIXILより「サンウエーブキッチンテクノ株式会社」の全株式を取得し、「キッチンテクノ株式会社」に商号変更。
  • 2017年
    • 株式会社テンポスバスターズ分割準備会社を設立[1]
    • 持株会社体制に移行し、株式会社テンポスホールディングスに商号を変更。同日、株式会社テンポスバスターズ分割準備会社は株式会社テンポスバスターズに商号を変更[1]

拠点[編集]

テンポスバスターズ[編集]

  • 店舗:全国37店
  • 買取センター:全国9店

子会社等[編集]

会社名 事業内容
株式会社テンポスフィナンシャルトラスト ファイナンス事業及び飲食物件の仲介
株式会社テンポスドットコム 厨房機器等のネット通販事業
株式会社テンポス情報館 情報機器販売・販促支援
株式会社スタジオテンポス 内装工事の請負
株式会社あさくま ステーキレストラン運営(店舗:全国61店)
株式会社あさくまサクセッション ビュッフェレストラン、居酒屋運営
株式会社プロフィット・ラボラトリー マーケティング・販促支援(店舗:新宿区1店)
キッチンテクノ株式会社 業務用厨房設備機器販売、設計・施工等
株式会社オフィスバスターズ
(持分法適用関連会社)
中古事務機器の展示販売(店舗:全国23店、海外12店)

創業者社長への貸付[編集]

2008年2月4日取締役会でテンポスバスターズ(以下テンポス)の代表取締役社長である森下篤史に対して、法人から2億円を年金利1.9%で融資すると決議した。融資の経緯について、テンポスはプレスリリースで、「森下がテンポス株式を担保に入れて、株の信用取引を行ったが、森下が購入した株式の多くが下落をし、証券会社からテンポス株式を売却する旨連絡があり、森下の持つ株式が市場に出回ることによるリスクを防ぐため」とした[7]

これに対して、インターネットの掲示板等でテンポスに対して「公私混同」との激しい批判が起こった為、2月6日に再度プレスリリースを出し、森下への貸付金利はテンポスが子会社へ貸付ける際の金利(1.00%前後)より高いこと、森下が持つ田園調布の自宅にテンポスが担保を設定することで保全された、として株主へ理解を求めた[8][9][10]

2008年に社長を辞任したものの「グループ長」に就任し、名刺には会長と入れる等(2013年のインタビュー[11])創業者の影響力は強い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社テンポスバスターズ (2017年5月17日). 2018年1月1日閲覧。
  2. ^ 日経マネー2014年4月号 41頁 「脱・厨房機器リサイクルで1000億企業へ テンポスバスターズ」閲覧
  3. ^ ニュービジネス大賞第10回(1999年)受賞者 - 一般社団法人 関東ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞受賞者リスト
  4. ^ 社長の椅子争奪バトル 結果報告
  5. ^ 平成17年度高年齢者雇用開発コンテスト入賞企業一覧
  6. ^ 借金未返済で億単位の退職金!?テンポスバスターズ私物化の実態 - ダイヤモンドオンライン 2008年6月25日閲覧
  7. ^ 当社 代表取締役森下篤史に対する融資のお知らせ (PDF) - テンポスバスターズ開示情報 2008年2月4日付閲覧
  8. ^ 「当社代表取締役森下篤史に対する融資」について (PDF) - テンポスバスターズ開示情報 2008年2月6日付閲覧
  9. ^ 特別損失の発生及び平成20年4月期通期業績予想の修正に関するお知らせ (PDF) - テンポスバスターズ開示情報 2008年6月23日付閲覧
  10. ^ 特別損失の発生及び平成21年4月期通期業績予想の修正に関するお知らせ (PDF) - テンポスバスターズ開示情報 2009年6月15日付閲覧
  11. ^ テンポスバスターズ創業者・森下篤史氏が語る成長哲学――「経営に成功法則はない。ヘトヘトになるまでやった先に次のステップが見えてくる」 - MARRオンライン 2013年9月号 227号マールレポート閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]