テロリストゲーム1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テロリストゲーム
Death Train
監督 デイヴィッド・S・ジャクソン
脚本 デイヴィッド・S・ジャクソン
原案 アリステア・マクリーン
製作 ピーター・スネル
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ティモシー・イートン
編集 エリック・ボイド・パーキンスピーター・マスグレーブ
配給 松竹富士
公開 1993年
製作国 アメリカイギリス
テンプレートを表示

テロリストゲーム』(Death Train)は、1993年に公開された映画である。ソ連クーデター終了後の核を巡る葛藤を描く作品で、『ダイ・ハード』のような野蛮さがまったくない。

スタッフ[編集]

出演[編集]

あらすじ[編集]

ドイツ・ブレーメンにある核研究所から核が盗み出された。盗み出したライツッヒ博士は核爆を完成させた。何かをたくらむ反乱将校「ベニン」は傭兵の「ティアニー」を雇い、労働者を乗せた列車をハイジャックした。情報はいち早く掴んだ国連機関UNACOの隊員らは現場に駆けつけ、テロリスト達と戦闘を行った。

武器[編集]

Vz 61:列車に乗り込む際に使用。 ウージー:終盤に使用 IMI ガリル(おそらく):劇中ではR4オートマチックと記載。なぜか彼が持っているものとテロリストに使用する銃器は違う。ただ見るだけ

ウージー:基本的メインアーム テレビカメラ銃:潜入時に1発だけ使用

トカレフTT-33:決戦時に使用

  • ソビエト兵・テロリスト・ティアニー

Vz 58AK-47AK-74のどれか。

外部リンク[編集]