テレビ関連のマスコットキャラクター一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テレビ関連のマスコットキャラクター一覧(テレビかんれんのマスコットキャラクターいちらん)とは、テレビ局テレビ番組などのキャラクターマスコット)のうち、主なものの一覧である。

テレビ局に関して、特に系列局で統一があるわけではないので、NHK地方局を中心に採用していない放送局もある。民間放送で採用していない放送局は少数派で、テレビ静岡を除いた静岡県のテレビ局は独自マスコットの使用を終了しており、開局時から一貫して採用していない放送局は鹿児島県の南日本放送のみ。キー局2013年12月23日のナナナ(テレビ東京)の登場をもって全局で独自マスコットの制定を完了した。

地上波テレビ局[編集]

民間放送のクロスネットについては主体、付随を問わず各系列ごとに記載。

NHK[編集]

各放送局独自のもの[編集]

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

独立U局[編集]

BS・衛星テレビ局[編集]

CSテレビ局[編集]

ムービー・ドラマ[編集]

スポーツ[編集]

ミュージック[編集]

総合エンターテインメント[編集]

アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ホビー&カルチャー[編集]

ニュース[編集]

海外[編集]

ケーブルテレビ局[編集]

テレビ番組[編集]

地上波テレビ番組[編集]

NHK[編集]

地域別[編集]

日本テレビ系列[編集]

NNN・NNS系列局[編集]

テレビ朝日系列[編集]

ANN系列局[編集]

TBS系列[編集]

JNN系列局[編集]

テレビ東京系列[編集]

  • テントウムシハナコ(『おはスタ』(第1部)) - 2007年度まで使用。
  • くもじい、くもみ(『空から日本を見てみよう』)
  • ピラメキパンダ(『ピラメキーノ』)- ナナナ登場まで、7チャンパンダとして局のマスコットキャラクターを務めた。
  • ひろし、かなで(『月〜金お昼のソングショー ひるソン!』) - 司会者として登場。
  • ホイップくん(『ハーフタイムツアーズ』)
  • ピカチュウのなつやすみ (ピカチュウ リザードン ゼニガメ フシギダネ ピジョン サトシ 
  • トゲピー コダック トサキント ヒトデマン カスミ ロコン ズバット イシツブテ イワーク タケシ 
  • ブルー カラカラ ライチュウ マリル) 
  • ミュウツーの逆襲 (ピカチュウ リザードン ゼニガメ フシギダネ サトシ トゲピー コダック カスミ 
  • ロコン タケシ ミュウツー ミュウ カイリュー ドンファン ギャラドス ドククラゲ ゴルダック) 
  • ピカチュウのふゆやすみ (ピカチュウ ゼニガメ フシギダネ サトシ トゲピー コダック カスミ 
  • ロコン イワーク イシツブテ タケシ ガルーラ) 
TXN系列局[編集]

フジテレビ系列[編集]

FNN・FNS系列局[編集]

独立UHF局他[編集]

BSテレビ番組[編集]

NHK[編集]

BS日テレ[編集]

BSテレ東[編集]

  • くもじい、くもみ(『空から日本を見てみようPlus』)※地上波時代から引き続き起用された。
  • くもじゅんいち、くもみーヌ、くも神様(『空から日本を見てみようPlus』)※2代目

BSフジ[編集]

インターネットテレビ[編集]

データ放送[編集]

地上デジタルテレビ放送[編集]

  • デジタルカちゃん(地上デジタルテレビ放送推進キャラクター)
  • 地デジカ(民放地上デジタルテレビ放送推進キャラクター)
  • ミテネコ(青森県民放地上デジタルテレビ放送推進キャラクター)

テレビ関連その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1980年代中頃には自然消滅するも、onちゃんの先輩マスコットであることをアピールするため、2000年頃に復活。onちゃんよりは規模が遥かに小さく、ほとんどが全盛期のものをそのまま使われており、キャラクターグッズも展開されていない。全盛期の時に作られた着ぐるみも散発的に使われているように現役のマスコットキャラクターであるため、前任者に該当しない。テレビ局の現役マスコットとしては古い部類に入る。
  2. ^ 一平くんは元々は飲食店「ゆうゆう亭」のカエルのマスコットで、2016年4月1日に広報大使として就任。「ゆうゆう亭」をクビになった2013年ごろからサッカーやフィギュアスケートなどの中継などeatの番組の宣伝に多く登場していた。
  3. ^ 「ふくたん」誕生前年の2001年FNS27時間テレビ」でFNS各局マスコットキャラクター相撲大会が行われたが、当時福島テレビはマスコットを制定していなかったため、同局の鉄塔を模したキャラクター「Fてっつぁん」を急遽作り、相撲大会に出場させた。
  4. ^ 2008年から2014年いっぱいまでの英称は「MBIC」。
  5. ^ 2011年4月の『ZIP!』放送開始時からタイトルロゴの先頭部分も兼ねていた。
  6. ^ ガチャピン・ムックは『ひらけ!ポンキッキ』開始当初の1973年から使用されており、テレビ番組の現役マスコットとしては日本屈指の長寿マスコットでもある。『ポンキッキーズ』時代は挑戦系コーナーのみと、出番が極端に少なかった。2021年現在、BSフジ『ガチャムク』のメインMCを務めているほか、UQコミュニケーションズのCMキャラクターなど、多方面で活躍している。

出典[編集]