テレサ・ストラータス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テレサ・ストラータスTeresa Stratas, 本名:Anastasia Stratakis, 1938年 - )は、カナダ出身のオペラ歌手(ソプラノ)。

トロント生まれのギリシャ系。欧州各地の歌劇場やメトロポリタン歌劇場で活躍。レコーディングや公演にも増して、多くのオペラ映画に主演した。60年代にやはり美貌で人気を集めたアンナ・モッフォと入れ替わるように70年代にピークを築く。モッフォや、ギリシャ系北米人として先達にあたるマリア・カラスらがイタリアオペラ中心だったのに対して、ドイツ系レパートリーを得意とした。映画形式で「サロメ」「アトランティスの皇帝」「小鳥売り」「パガニーニ」「ジュディッタ」「ロシアの皇太子」、「コシ・ファン・トゥッテ」(イタリア語)、ライブ映像で「ルル」、録音でカラヤン指揮の「メリー・ウィドウ」、クロンプホルツ指揮の「売られた花嫁」(ドイツ語訳詞版)、ブーレーズ指揮の「ルル」(上記ライブ映像の並行制作セッション)、クルト・ヴァイル歌曲集などを残しており、地の台詞でのドイツ語も流暢にこなした。他に、イタリアオペラでは「道化師」、「椿姫」、「ラ・ボエーム」、英語オペラで「アマールと夜の訪問者」などの映像がある。喜劇ではコケティッシュな、悲劇では薄幸な雰囲気を漂わせ、人気を博した。

1981年にグラミー賞を受賞している。

外部リンク[編集]