テルグ・デサム党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 インドアーンドラ・プラデーシュ州の政党
テルグ・デサム党

తెలుగు దేశం
Telugu Desam Party
党首 Nara Chandrababu Naidu
創立者 Nandamuri Taraka Rama Rao
下院代表 Nama Nageswara Rao
上院代表 Tulla Devender Goud
創立 1982年3月29日 (1982-03-29)
本部所在地 ハイダラーバード
政治的思想 ポピュリズム
Regionalism
社会自由主義
政治的立場 中道左派
国内連携 National Front (1989-1996)
United Front (1996-1998)
NDA (1999-2005)
Third Front (2009-present)
公式カラー yellow
国会(下院)
16 / 545
国会(上院)
6 / 245
Legislative Assembly
102 / 175
Legislative Council
24 / 46
公式サイト
www.telugudesam.org

テルグ・デサム党テルグ語: తెలుగు దేశం [テルグデーシャン・パールティー]、英語: Telugu Desam Party [略称:TDP])は、インド政党で、テルグ語圏であるアーンドラ・プラデーシュ州(以後「AP州」と記す)およびテランガーナ州(2014年に分離するまではAP州の一部だった)の地域政党。党名は テルグの土地と人々の党 を意味する。

概要[編集]

1982年、主にテルグ語映画のスター俳優だったN・T・ラーマ・ラーオ(NTR)によって創設された。彼はこの党を基盤に、AP州の州首相となった。

地域政党だが、ローク・サバー(インド連邦下院)総選挙にも進出し、1984年の総選挙では全国的にインド国民会議が圧勝する中、AP州内で善戦、国政第2党(野党第1党)となったこともある。

NTRの後は、その娘婿であるチャンドラバーブ・ナーイドゥが党首、AP州首相のポストを引き継いだ。ナーイドゥは最初はジャナタ・ダル共産党などと組み、続いてインド人民党などからなる国民民主同盟ヴァージペーイー政権を支持した。この間、AP州内においては世界的な情報革命の波に乗ってIT産業の振興に努め、州都ハイダラーバードバンガロールなどとならび、BRICsに数えられる新しいインドを象徴するITの都としてもてはやされた。

しかし、AP州内における貧困層の増加や都市部と農村の格差の拡大が批判され、また州内テランガーナ地方の分離および新州創設の要求にさらされ、2004年に行われたローク・サバー、AP州議会の同時選挙で共に敗退し、インド国民会議に連邦・AP州双方の政権を明け渡すこととなった。2009年のローク・サバー、AP州議会の同時選挙では議席をやや回復させたものの、政権奪還はならなかった。2014年の州議会選挙では単独過半数を超える議席を得て大勝し、10年ぶりに州政権を獲得した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]