テリー (DD-25)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USS Terry (DD-25).jpg
艦歴
発注
起工 1909年2月8日
進水 1909年8月21日
就役 1910年10月18日(海軍)
1925年6月30日(沿岸警備隊)
退役 1919年11月13日(海軍)
1930年8月12日(沿岸警備隊)
その後 1934年5月2日に売却
除籍 1934年6月28日
性能諸元
排水量 887トン
全長 293 ft 10 in (89.6 m)
全幅 26 ft 1? in (8 m)
吃水 10 ft 11 in (3.3 m)
機関 重油専焼缶4基
最大速 30.24ノット (56 km/h)
乗員 士官、兵員89名
兵装 3インチ砲5門
30口径機銃2基
18インチ魚雷発射管6門

テリー (USS Terry, DD-25) は、アメリカ海軍駆逐艦ポールディング級駆逐艦の1隻。艦名はエドワード・テリーに因む。

艦歴[編集]

テリーは1909年2月8日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所で起工した。1909年8月21日にジョージ・ヘンリー・ロック夫人によって命名、進水し、1910年10月18日に艦長マーティン・E・トレンチ少佐の指揮下就役する。

東海岸での公試に続いて、テリーは大西洋艦隊水雷小艦隊のキューバ海域における冬季作戦活動に合流した。テリーは小艦隊との水雷訓練と、大西洋艦隊全部隊との艦隊演習の両方に従事した。カリブ海における恒例の冬季演習と、ニューイングランド沿岸での春から夏にかけての作戦活動を交互に行い、1913年11月にサウスカロライナ州チャールストンオーバーホールに入る。

入渠直後にテリーは予備役となる。作業が完了すると現役復帰し、1914年はフロリダ沿岸での巡航を行い、1915年2月に冬季演習のためキューバ海域に戻った。同年夏はロードアイランド州ニューポートで水雷演習を行い、任務を終えると母港のチャールストンに帰還した。

1916年1月1日までにテリーは縮小された駆逐艦部隊において活動していた。31日、大西洋艦隊と共にフロリダ州キーウェストに向けて出航した。5月にはサントドミンゴに向けて出航する。6月10日、プエルト・プラタ湾内での演習中にテリーは座礁し、主甲板の大半が水没した。13日にサクラメント (USS Sacramento, PG-19) 艦長指揮の下、テリーの士官と水兵が引き揚げ作業を行った。テリーは6月26日に浮上し、7月7日まで応急修理が行われた後、7月15日にチャールストン海軍工廠に帰還した。

アメリカ合衆国第一次世界大戦参戦時、テリーはチャールストンで広範囲な修理が行われていた。作業が完了すると大西洋岸でのパトロールと、ヨーロッパ向けの商船護衛任務に従事する。1918年1月、テリーはアイルランドクィーンズタウンを拠点とする駆逐艦部隊と共に作戦活動に向かった。敵潜水艦が横行するイギリス諸島海域でテリーは船団護衛に従事した。クィーンズタウンにおけるテリーの任務は平穏なものであった。護衛した船団の1隻が潜水艦によって沈められたことはあったが、ドイツUボートを観測することはなく、戦闘にも遭遇しなかった。1918年3月19日、マンリー (USS Manley, DD-74) が触雷した際、テリーは負傷者の支援を行った。

1918年12月、テリーはアメリカへ帰還した。11ヶ月に及ぶ限定就役状態の後、1919年11月13日にフィラデルフィア海軍工廠で退役した。

フィラデルフィアで保管された後、テリーは1924年6月7日に沿岸警備隊に移管され、ニューヨークを拠点とするラム・パトロールに加わった。

1930年10月18日にテリーは海軍に返却され、退役状態のまま海軍籍に復帰した。1934年5月2日、テリーはスクラップとして売却された。その後1934年6月28日に除籍された。

外部リンク[編集]